僕のワンダフル・ライフ

こりゃ、もう反則でしょ。

隣のおばさんは、1/3あたりから、鼻水すすりまくりのボロボロ状態。
幸せな映画ではあるけど、犬を飼ったことがある人には辛いシーンもあり。
日本語タイトルは秀逸だな。

うちの犬も老齢で、ぼちぼち厳しくなってきた。。。。。
スポンサーサイト

滝川 グライダーテイクオフ

テイクオフです。

ワンダーウーマン

ま、これでいいのかな?
せっかく癖のある面々でチーム組んだのになんの見せ場も無いのも許容範囲なの?

主演のガル.ガドットは、まあ確かに美形なんだけど、いってみれば藤原紀香のような人間離れしているというか超絶しているというか、で。。。。

北海道 空飛ぶツーリング 最終日

朝、7時に滝川出発。
途中、ひまわりの里を見学したりして西進。
P8110141.jpg
P8110150.jpg

海岸線に出たあたりで南下。
いたるところトンネルで、海岸線沿いの道を楽しむ感じではない。
厳しい自然だな、やっぱ。。。。

札幌を縦断し、支笏湖に。
適当に観光し、時間調整。
P8110157.jpg

小雨が降りだした、3時過ぎに苫小牧に到着。
帰りは夕方便ということで、バイクも多い。
搭乗まで間に、少し強い雨が降ったが、直前に止み、雨具を出すこともなく(今回一度も使わなかった!)ラッキーだった。
急な予定変更だったので、エコノミークラスで大部屋だったが、空いていて両隣はだれもいなくて、アイマスクさえあれば、普通に熟睡できるのではないかな?4000円ほど節約(笑)。
P8110168.jpg


到着した大洗も曇天、30度以下で、3時半に帰着。
体力的には限界近かった?が、初のソロロングツーリング、無事終了!
1205 km
2017Hokkaido.jpg


北海道 空飛ぶツーリング 滝川

滝川、グライダーのサマートレーニングに参加
素晴らしい滑空場で、学生時代との環境の差は、さまに隔世の感がある。
滑空機もたくさんあり、曳航機も2台なので、スムーズに発着していく。
参加者は12名だが、2名の大学生をのぞくと、自分は平均年齢ぐらい???
70を越える方も数名おられて、なかなか、グライダー界も、高齢化の波だ。
P8070101.jpg
P8070098.jpg
P8070096.jpg
P8070093.jpg
P8070108.jpg
P8070103.jpg
P8070110.jpg
P8100131.jpg
P8100134.jpg
P8100138.jpg

なにせ、最後のフライトは、ログブックでは、昭和57年!
難しいとは思っていたが、ソロ飛行を目指しての参加だった。
月・火と飛ぶたびに、出来不出来があったが、法制が変わっていて書類が準備できていないことが、水曜の朝に判明し、一気にモチベーションダウンしてしまった。

1時間ほどのソアリングも楽しめていたが、体力・天気予報をにらんで最終日は離脱することにした。
雨の中、苫小牧への移動、フェリー搭乗は、いろいろ面倒なので。

結局、”トレーニング”であって”スクール”ではないということで、初心者や自分のような準備不足のカムバック者には若干、厳しい内容・運営方針であった。
それでも、計14回の飛行、ぼちぼち感覚・記憶が蘇ってきて、関東でもクラブにはいって飛ぼうかなという気になった。

体験搭乗ということで、いろんな人が飛び入り的に参加されると、トレーニング参加者が、有無も言わさずボランティアでサポートする。中華系の観光客が多く、SNSで拡散されて、どんどん増えていくんでしょうねぇ。これだけの環境の場所はなかなか無いだろうから。

さて、こちらは、メーベ、これで飛ぶなんて怖いなぁ。
P8070114.jpg
P8100123.jpg

こちらは、最初に乗った、H23C同型機、もう博物館行だね。。
P8100126.jpg
Next Page »

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索