和風

今日は暖かかったですね。
ということで、午前中、皇居回りを軽く走ってきました。
年末年始っぽく、和風でブルターレ、今年最後のショットです。
IMGP1354.jpg

都内は、車の量も少なく、快適でした。
スポンサーサイト

善き人のためのソナタ

アカデミー最優秀外国語映画賞をとった映画ではあるが、実はあまり期待していなかった。

しか~~~し、これは、素晴らしい作品だ。
悲惨な時代ではあったが、見事に生きた人の人生を語っている。


だんだんと言論の自由がなくなってきている日本、怖いな・・・
ちょっと大勢と違うことを言うと、思いっきりバッシングされるものね。

再会の街で

ちょっと、期待しすぎたかな・・

ところどころに弱い脚本が気になる。
もっと、登場人物を絞っても良かったのでは、ないかな。
すべてを、描ききる力がなかった、脚本家に。

アダム・サンドラー熱演だが、やはりドン・チーゲルに力負け。

今年は、これで、打ち止めだろう。

歓喜の歌

これが今年最後の試写だろうけど

大ホームラン!

小林薫が、めちゃめちゃウマいし、安田成美が相変わらずお美しい!
間違いなく、笑って泣けます。

しかし、これが落語原作ってのが凄い。
ぜひ、聞いてみたいな。

月曜は、ちょっと暖かそうですね

だれか、走りに行きませんか?
だれも読んでない??

母べえ

大期待の山田作品「母べえ」

それは、強烈な反戦映画だった。

必見!

ブルターレ始動せず

先週は、カタナでツーリングいったので、ブルターレに火を入れなかった。
カタナのチェーン張りを調整してから、ブルターレのエンジン始動したが
バッテリーが弱く????始動しない。
もともと始動性は高いとは思えないが、何度か繰り返すうちにセルも弱くなってきて
バッテリーが逝ってしまうと大事なので、充電することにした。
IMGP1340.jpg


充電すること30分、無事エンジンは始動した。
やっぱ、もう少し遠乗りしてやらんといかんのか?
バッテリーは日本製なんだけどなぁ

ツーリングで初のブルターレ遭遇

今日は、たぶん、今年の走り納め?の「ささかまツー」でした。
久しぶりの刀での参加で、箱根~伊東あたりのワインディングを堪能してきました。
日中は、完全武装だと全然寒くなく、なかなか快適な日和でした。
最初の写真は、箱根ターンパイク入り口で、ETCに慣れてしまった身には
小銭の支払いが面倒この上ない
20071209173902.jpg

途中では富士が綺麗に見え、頂上辺りで、GTRの撮影をやってました。
huji.jpg

走行中のビデオも撮っていたようで、懐かしのGTRの咆哮を聞くことが出来ました。
gtr.jpg
この駐車場に、ブルターレが一台ありました。ショップ外で見たのは初めてです。
帰りの箱根新道でも一台すれ違いましたね。
やっぱ、ハイソな場所なのか???
いや~やっぱ、伊豆箱根はいいですねぇ、別荘が欲しいぜ!

王様のレンストラン

台湾で買ってきた、3枚組DVDの「王様のレストラン」観ている。
いま、2/3終わったところ。
これが放映されていたころは、TVドラマなんて全く観なかった(今も、そだけど)。
さすがに三谷脚本は、凄いなぁ。

ところで、最後の決め台詞「それは、また、別の話」
は、どの映画から来てるかは、知ってますよね

アイ・アム・レジェンド

カメラチェックがあったため入場に時間がかかり、よみうりホールの南階段で7階まで歩いて上がって北階段2階まで行列に並ぶために降りる羽目に・・

映画はSFというより、完全にホラー!
心臓の弱い人は観ない方が良いですね。

ううう~~~~怖くてグロかったぁ。

プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索