とほほ、「同窓会」

のってる永作博美ということで期待してたが
なんとも薄っぺらい作品で、とほほ・・・でした。

スポンサーサイト

珠玉の作品「おくりびと」

いい、とは聞いていたが・・・走って試写会場に滑り込んでまでして観て、良かったぁ!

素晴らしい脚本と音楽と出演陣と、もちろん演出がピタっと揃うと
2時間で、ここまで人生を語れるものかと。

ん~今年は、アフタースクールといい、まだ半分ちょっとだが、ほんと豊作の年だな。
ぜひ、ヒットしてほしいけど、ちと地味すぎるタイトルが残念・・・。
内容は、ぜんぜん地味では、ありませんぬ。

FRIED DRAGON FISH

今週は、試写会ないので、先日観た(ようやく)、まだ岩井俊二が無名というか
深夜TV枠で、斬新な映画を撮っていたころの作品
「FRIED DRAGOB FISH」を、とりあげよう。

ま、実際、中身はそれほどのものではないのだけど
とにかく出演陣が、今観ると面白い!

浅野忠信:少年役~顔は今とたいして印象変わらないが体の線は細く、まさに少年
酒井敏也:なんと、髪の毛、ふさふさ!
光石研:最近、オトーサン役が多いけど、軽い役をこのころからこなしてたのねぇ
田口トモロヲ:なんともはやのチンピラ役、最近の貫禄は、まったくもってありません

LOVE LETTER 再見しようかなっと。

梅雨開け!納涼高速ワインディングツーリング

ちょうど、昨日、梅雨明けし、ささかまの面々が集まった。
今回の参加は、金ちゃん、lawさん、yamaさん+私の4人

常磐道 守谷SAに集合し、8時前に出発。
守谷SAでは、カワサキの旧車会が集まっていた。
IMGP1491.jpg

途中、那珂でETC割引活用のため一度降りて、いわき勿来ICまで、すっ飛ばす。
日立を過ぎたあたりから霧が一面にたちこめ、寒~~~い!

いわき勿来ICを出て給油したら、小雨が降っているのでコンビニで簡易カッパを買った。
今回は、雨が降るわけないと無装備だったのだ、、、大失敗。

134から県道71にはいり(すぐに天候は良くなり、面々カッパを抜いだ)
242,289、242,27と快走する。
ま、信号すら、ほとんど無いので、60~70km/hで巡航できる。
予想どおり食堂は道中には無く、349に入って、例によって、湯遊ランドはなわで昼食。
IMGP1492.jpg

ここの露天風呂は、なかなか豪華なのだが、参加者全員汗かいてないし・・・ということで
今回はパスし、12時半頃出発、27にもどって、153経由で県北東部広域農道(通称
イバラギニュルへ)。このあたりで、また濃霧になり、気温も低下し、まさに納涼!と
なった。IMGP1493.jpg

いつもなら止まる展望台?のような所も素通りし(というか霧で判らんかった)ニュル完走後、461経由で花貫ダムで休憩。バイクに興味津々の軽トラのおっちゃんと歓談後、この後、友人に会う予定の金ちゃんとは別れ、給油し高萩ICから常磐道へ。
日立を過ぎたあたりから、朝とは逆に(当然)天気は回復し、暑くなりだした。
友部SAで休憩後、解散。

5時に帰宅し、少し汚れたブルターレを清掃した。

合計490km。朝7時~夕方5時で、完走!

やっぱ、福島の道は、すげ~~や!!!
いろいろマニアックな道だったがナビのおかげで一度も道を間違うことなかったぁ。
高速巡航ということで、燃費は、16km/Lぐらいで、まあまあだった。


カンフー・パンダ

予告を見て、敬遠していたが、友人連中がほめるので
なんとか、滑り込み試写会で観てきた。

試写状には、字幕となっていたが、なぜか吹き替え版。
でも、この手の映画は、実際、吹き替えの方がいいと思う。

出来は、まずは文句なし、格闘シーンの空間の広がりが
凄いので、大画面での鑑賞をお薦めする。

細かい仕草や表情、ちょっとした捻ったセリフなど、見事だ。
大傑作Mr.インクレディブルを観たときから、すでに日本のアニメの娯楽性には
誇るものはなくなってしまったと思っていたが、最近のポニョや、クロラ
なんかより、遙かに面白い、悲しいかな。

オープニングのパンダの部屋に差し込む光の空気感の素晴らしさ。
このカットだけで、出来の良さを確信できた作品だった。

ドラゴン・キングダム

わかっちゃいるんです。わかってるんですよ。
この手の映画に、まともな脚本を望んでもダメ、だって・・

でもなぁ、でもなぁ、こんなえ~かげんな設定や筋運びで、ほんま、ええんかぁ?

とはいえ、試写終了時に、かすかではあるが拍手があり
帰りのエレベーターの中では「面白かったね」という声が聞こえたので

ええんかなぁ、こんなもんで。

ブルターレ、一年点検、トホホ・・

先週、ディラーに預けて、今日、引き取りに行き
帰ってきて、ビックリ。
リア周りが、チェーンオイルだらけ。
チェーンカバーやスプロケットの歯にも、大量にオイルが付着している。
oil.jpg
oil2.jpg


やれやれ、拭き取り忘れ?シロートさん、かい?
また30分走って、ディラーに戻るのも、面倒なので
暑いさなか、小一時間かかって拭き取る羽目に・・・

その後、クレーム入れたら、引き取りに来て、再検査するっていうけど
どうすべいかな・・・

一年点検っていっても、エンジンオイル交換、チェーン給油程度だったら
自分でできるわけで・・・事実、カタナは、そうしてるし。

そう~言えば、2年ほど前、有名なカタナメンテのお店に10万払って
メンテナンスしてもらった後、ツーリングに行ったら、不安定で死にそうになり
帰ってから、調べると、フロントサスのイニシャルが左右で二段(最大四段)も違って
いて、ビックリしたことがあったな。

これも、日本の技術力の低下故か???

それにしても、昨日、日中、都内はガラガラだった。
暑い、というのもあったが、ガソリン高騰が原因だろうなぁ。
ヨーロッパは、1L300円間近らしいし。。。。

またも静かな映画

「きみの友だち」

この手の映画は、特に登場人物に共感できるか、心情が理解できるか
が、楽しめるかどうかの分岐点になるかと思うが

どうも話が断片的で、かつ、浅いので、たくさんの登場人物のだれにも
感情移入できなかった。

   >試写のアンケートで、だれに共感できましたか、というのがあって・・皮相的

原作では、きっと心の揺らぎを文章で表現しているのだろうけど
映画でそれをやるのは・・・演技の面でも難しいよね。

二本の静かな映画

昨日は、早朝にDVDで、「観察 永遠に君をみつめて」を観た後
8時間ほど、新幹線に乗って、行って帰ってきて
夜、恵比寿でジャージーでナイト(レイト)試写「ジャージーの二人」(ドレスコードがジャージー!)
ということで、珍しく21時間も続けて起きてた(新幹線中でうたた寝したけどさ)。

ともに、静かな、邦画。
緒川たまきが美しいが・・・・昇華しない
堺雅人は、相変わらずウマイし、鮎川誠の存在感もいいが・・・・結局?というか
なにも伝えたくない、がテーマなんだろうけど。
原作は、、どうなんだろう?

二本とも、邦画独特の作風とも言えるが、人にはお勧めできない、なぁ。

崖の上のポニョ

これまた、巨匠「宮崎駿」4年ぶりの待望の新作。

あの「ポニョ、ポニョ」という歌が、いろんなメディアで流されている。
いままで、試写会はほとんどやらなかった宮崎作品だが
公開まで後二週間のうちに、都内では頻繁に試写会行われる。

ということで、



この作品は、完全に童話、小学生低学年向きで



した。。。。


エアー・バッグ

ブルターレを一年点検に出した後、サマーセールのバイク用品店で
バイク用、エア・バッグ・ジャケットを購入した。
P1000521.jpg


ま、使用感想など、記載するはめにはなりたくないが
万が一の時、役だってくれるかな?? 

スカイ・クロラ

世界の「押井守」の待望の新作ということで、国際フォーラムAで
華々しく、ワールド・プレミア。

でも、空席が、目立つ・・・
自分の席は、二階の中盤で、舞台からは、遠ぉ~~~~い。

開演は15分ほど、遅れて、残念ながら菊池凛子など、監督
出演者(声優として)は、遠すぎて、よく判らない。

が、監督のコメントは、映画に十分期待を持たしてくれる含蓄のある
ものだった。

開演後50分して、ようやく開映。

オープニングの空中戦シーン、凄い映像・演出だ!
こ、これは!ひょっとして、ついに!?

というのも、攻殻機動隊もイノセントも映像の力は認めるが
ストーリーとして映画は成り立っていないと、思うからだ。

が、始まって10分、隣のオバサンはすでに爆睡状態。
自分も、後半、なんどか意識が飛んで・・・
気がついたら、くくく・・・・・

近距離恋愛

軽~~~~い、デートムービー

としか言いようがないか、お気楽な主人公が、右往左往する話。
退屈はしませんが・・・・・タイトルはなかなか良いですな。

アメリカのような下品な国が、スコットランドの文化をバカにして良いのだろうか???

ところで、試写前の予告では、ハンコック、ハルク、アイアンマン、と
ヒーローものばっかだった。

疲弊するアメリカがヒーローを待望しているからだろうか。

プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索