ああ、Blu-ray、Panaよ、おまえもか・・

SHARP製Blu-rayレコーダー導入後3年半、昨年、Blu-rayがVersion2となり、自分のVersion1とは互換性が完全になくなった。

Blu-rayとしては、パッケージ版再生機能も含め、昨年の機種からが本格的な一般向けの製品となったといえるが、SHARPは早々とVersion1を切り捨てた。(もう、二度とSHARPは買うもんか!)

Panasonicは、さすがに良心のある会社、Version1も再生のみはサポートしていたが今週初めに
発表された新機種で、なんとVersion1を切り捨てた。(部品点数を減らすことが目的か?)

新機種は、予想以上に様々な新機能を搭載し魅力的なのだが、今持ってる10数枚のBlu-rayが
観られなくなるのはツライので、急遽、旧機種を探し購入した。。。。ふう、これで5年?は大丈夫かな。

にしても、最近は生産調整がうまくて、旧機種が在庫山積みで安値で放出って、無いんですねぇ。
調査してた最安値で買えなかった(ちと焦ったので・・)が、それでも最盛期の2割安ぐらいか。

スポンサーサイト

幸せの1ページ

至極、普通の映画です。

ジョディ・フォスターが出ているということで期待していたのですが・・
最近は、パニックものとか、あまり演技が要求される作品には
出ていませんね。

カミングアウト?が原因かな。

フレフレ少女

新垣結衣主演、マンガ原作の映画。
ま、始まった瞬間からラストまで見通せるお話ではありますが
大きな破綻なく楽しめます。

でも、新垣結衣の応援の時のキンキンの高い声だけは、ちとキツかったかな。

いやに若い客層の試写会だったが、普段ならエンドロールでばたばたと
人が立っていくのに、今回は、みなさんおとなしく座ってました。
おとなしすぎて、上映中の笑い声も控えめ?で、時々自分の笑い声だけが
劇場に響いて、ちょっと恥ずかしかったよ。

とりあえず、愚痴と教訓かぁ・・

北京オリンピックで一番楽しみにしていた野球が終わってしまった。

5分前にメンバーを変えなければ良いよ、と言って予選で負け
四番?誰?と言って、準決勝で見事に逆転負け

やっぱ、対戦相手をバカにしたら、イカンよねぇ。
王監督だったら、あんなバカな発言はせんでしょうなぁ。

にしても、イは良かったねぇ、まさに韓国で伝説の選手になりますな、これで。

・・・・実際、予選で和田が四球出した時点で投手交代しなかった時に
星野ジャパンは、終わってたんだ。

GG佐藤も、ずっと危なっかしい守備(足の運び)と思ってたら、しびれる場面でねぇ。

う~~~愚痴ばっか、でした。

BOX!

百田尚樹作

高校ボクシング部の話。約600ページの大作だが、
めちゃめちゃ面白くって、二日で読んでしまったよ。

「永遠の0」も泣けたし、いい作家だぁ!

イントゥ・ザ・ワイルド

これも、100人中98人ぐらいが、いい映画だったぁ
と言うかな・・・
後ろの席の女性は号泣してたし。


でも自分には、ただの身勝手なバカヤローの話で、一切共感できなかったよ。


      しょせん、じゅうがないとなにもできないやつじゃん。    ごめん

この自由な世界で

タイトルは、思いっきりの皮肉

観ていて息が詰まるような過酷な世界。
これが、好景気で沸いていた(まだ沸いてる?)ロンドンというのが、
判っていても
衝撃的だ。

「こわれゆく世界の中で」もそうだったが、極端な階層社会
救いようのない、ひずみ。
日本も加速度的に、この方向に向かっている。

落語娘

去年は、落語家そのものを題材にした「しゃべれども しゃべれども」、落語を原作とした
「歓喜の歌」と傑作があったが、こんどは、女性落語家を目指す話。

ミムラ、思っていたより、滑舌良くガンバッテました、でも、そのガンバッテるなあ
って感じさせてしまうところで、やはり・・・厳しい。

一方、津川雅彦の凄いこと凄いこと。。

「落語爺」と、タイトル、変えるべきでは?      (それじゃ、売れないけどね・・)

とうとう、サヨウナラ・・

今日、カタナを手放した。
ブルターレとの二台体制は一年ちょっとだったことになる。
残念ながら、ブルターレと較べると、正直乗っていて怖い。
ハンドリングも車重も、そしてブレーキも。

持っていても、週末に家の周りを少し走るだけだろうなので
まだ、売れる=誰かが乗り継ぐ、状態で手放すことにした。

限定解除して、最初に買ったのがカタナのナナハン。
エンジンが逝かれて、イレブンに乗り換えたのはいつだったろう・・
去年は、北海道も激走してきたし、もう十分走ったよな?・・・・・カタナ

ノントラブルで長い間、ありがとう。


ひゃくはち

昨年は、「バッテリー」「キャップテン」と中学野球の佳作が続いたが
これは、高校野球、だが、活躍する選手ではなく、補欠メンバーが
主役の映画だ。

たぶん、100人中99人が「良かった!」という作品だと思うが
自分は、いまいち、しっくりこなかった。
なにより、野球のダイナミズムが、まったく無いのが残念だなぁ・

完成披露ということで、主役陣に加えて、桑田真澄が来ていて
それは、良かった。ほんと普通の体格(胸板はすんごく厚くて
スーツが窮屈そうだったけど・・)だったんだねぇ。

ルパン三世~BSでの放送

NHK-BSでルパンを大量に放送していたが、お目当ては最終日の
視聴者投票のベスト7!
「死の翼アルバトロス」「さらば愛しきルパンよ」が当然のごとく入っていて
(自分も投票しておいた)
放送も、アルバトロスで始まり、愛しきで終わる、構成だった。

昔昔、「カリオストロの城」で”目から鱗”状態の後、いまはなき
レーザーディスクで観たのだが、鮮明にラストシーンの夕焼けを
覚えている(「さらば愛しきルパンよ」)。

とにかく、DVDに残せて、よかったよかった、これでいつでも観られる!

上高地

東京からだと、往復600km弱で大半が高速道路、かつ途中からは自家用車では
はいれない、「上高地」
ということで、弾丸?バスツアーに参加してきた。
平日だったので、高速も空いてるし、上高地も、さほど人はいなかった(特に山の中は・・)
P1000534.jpg
さすがに駐車場には、観光バスがいっぱい。
今回は、バイクツーリングでは持って行けない、一眼レフを持って行ったが・・なかなかいい写真は撮れないもんですな。
P1000545.jpg
P1000564.jpg
涼しくて、さすがに空気がおいしく、行き帰りはバス中で音楽を聴きながら居眠りするだけと、お気楽な旅でした。
こうガソリンが高騰してくるとバスツーも、いいかもね!

プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索