これぞ、紅葉、水上ツーリング

二度、挑戦し、果たせなかった、水上ルートに再挑戦。
紅葉シーズンまっさかりということで関越の渋滞が予想されたので
7時半に高坂SAを出発ということで、ささかまに通知した。

早朝での降水確率は、40%だったが、決行とあいなった。

7時に高坂SAに着くと、途中で私に追いついたのかhashiさんがすぐ後ろにいて
いっしょに屋根のある駐輪場に駐車した。

そこでヘルメットを取っていると・・・・雨・・・・
携帯電話を確認すると、haseboさん、エンジンかからず、不参加のメールが!
日本製高性能バイクが、なんてこったい!
IMGP1614.jpg


しばし雨宿りしていると小降りになり、北は雨が降っていないだろうということで
出発した。

予想どおり、すぐに降雨域を抜け出し、前橋で通勤割引のため一旦降りて
再度高速~赤城で降りた。
そこで給油しようとしたが、ことごとく日曜はお休み、とほほ。
なんとかhashiさんのナビで見つけて給油できた。

赤城広域農道を通り~120号から401号で、戸倉大橋で、一休み。
IMGP1619.jpg
63号で、西へ向う。
特に坤六峠あたりの紅葉が素晴らしい。まさに燃えるような色合いだ。
IMGP1622.jpgIMGP1630.jpg
二度三度とバイクを駐めて写真を撮る。道はところどころ車がすれ違うには厳しいほど細くなるし、当然のごとく落ち葉が散乱して雨にも打たれているので滑らないように、いつものようには飛ばさず、のんびり走る。空気も新鮮でバイクツーリングの醍醐味だ。

逆から(片品から)回ったのが正解だったのか、ほとんど先行する車もなく、快調に、奈良俣ダムに着いた。ここは、映画「ホワイトアウト」のロケ地ということで行ってみたかったのだが、紅葉も、見事である。IMGP1634.jpg
曇天で、かつコンデジでは、その圧倒的な景観が表現できないのが残念だ。
そうこうするうちに混んできたし食事場所を探して下山する。

外観が良さげな和食のお店に入ったが、高いばかりで、ダメダメだった。

水上ICから関越に乗り、全般に車の量は多かったが渋滞はなく、4時過ぎには帰宅した。
全走行距離 420km。

雨と渋滞を避けて、なかなか爽快なツーリングだった。


スポンサーサイト

ハンサム★スーツ

あいた!ごめんなさい。
ど~~せ、たいしたことない作品と、たかをくくって
ぼけ~っと観てたら、ちゃんと、伏線貼ってたんですね。

ということで、男側だけの願望のような作品ですが
ヒットして欲しい出来の作品です。

にしても北川景子、最近出演作多いですね。
ゴージャスな役から清楚な役まで。

その日のまえに

大林宣彦は、「転校生」から、自分のヒーローだった。

最近の作品「転校生 さよならあなた」「22才の別れ」と、実験的な演出
(棒読み的セリフ:役者の演技を排除?、とセリフ間の極端に短い間、原色的~フィルム的?、
揺れまくるカメラ)が続いていて、本作には、若かりし頃の叙情的な映像を期待していたが

夫婦、家族、友人、仲間、過去と現在、都会と田舎、そして生と死が、混沌と混ざりあい
素晴らしく劇薬的な作品に昇華している。

ただなあ、これでは普通の人には受け入れられないだろうなぁ。

隣のオバサンは、前半爆睡していたし
終了後、別のオバサンは、疲れたぁ・・・とぼやいていた。

彼が二度愛したS

なかなかスタイリッシュな映像だが
盛り上げる演出に欠ける。

イアン・マクレガーも、ちとミスキャストかな。

ま、一言、期待してたほどでは、無かった、かと。

イエスタディズ

ストーリーも、まずまず面白い。
役者陣もなかなか良い。

なのに、泣けなかったのは、なぜ?

微妙な所で、映画の中にはいっていけなかったのだろうか?

それにしても、原田夏希、は美しい、なぁ。

LINN AKURATE 242SE

ふふふ、先週、ようやく、AKURATE 242SEが納品された。

よく判らないまま、小型だ、ということで手に入れたMIMIKから
LINNの音に嵌り
パワーアンプ~プリアンプ~ユニバーサルプレーヤー と
とうとう、ここまで来てしまった。
P1000713.jpg

ACOUSTIC-LAB IMAGOも、なかなか良かったが、キレに欠ける。
AKURATE CONTROLを手に入れて、5.1ch再生できることになったので、映画も
LINNをメインにすることに決めた。

このプリアンプに合うのは、やはりAKURATEシリーズか、ということで212SEを視聴し
即決!
ただ納品に一ヶ月かかるので、待ってる途中でどうせならと、242SEに変えた。
その間、212を借りていたので、212の音にも心酔していたが、いざ242SEになると
思っていた以上に、全然、違う。

ボーカルや弦楽器の生々しさは同じだが情報量が一段違うし、当然ながら、なにより
低音の迫力がまるっきり違う。あ~こんな低音が録音されてたんだぁって感じだ。
ただ逆に、212SEの方がボーカルが際だっていたかもしれない。
まだまだ鳴らし始めたばかりなのでエージングが進んだ時が楽しみだ。

写真の上は、今サンクスで買える京商のアルファロメオのミニカー。
当然ブレラが欲しかったのが、一発で当たった!
出来れば赤が欲しかったが AKURATEの上では黒も渋いな。

急遽~秩父ツーリング

昨日・・・ささかま、とはいえ、二人のツーリング。
朝7時前、関越・練馬インター。偶然にもhaseboさんとゲートで一緒になる。
なんだか、異常に車が多いが、予定どおり高坂SAまで行くことにする。

高坂SA・・車も多いがバイクも異常に多い。予想以上に寒いので
ホットレモンで暖まりながら、交通情報のコーナーに行くと・・
ちょうど、オネーサンが情報のホワイトボードを書き直している。
消した後、ペンを持ったまま、数秒熟考(おまえが決めるモンじゃないだろ!と
心でツッコミをいれたところで)「ここから、渋滞60km」と書いた。

へっ!?

と、いうことで、haseboさんと相談し、急遽、東松山で降りて、秩父を走ることにした。
(これで、またまた水上ルートは走れなかった・・)

このあたりは、haseboさんが詳しいので先導をお願いする。
ハイオク155円!というガススタンドを横目に、まずは、定峰峠まで、ここで休憩。
IMGP1602.jpg
haseboさんのニューマシンは、CBR1000RR、あえて熟成された2007型を選択したとのこと。
前回、ブルターレを乗って、軽さとバイクの進化に感動したのも、ちょっとした契機になったらしい。

ここから、三峯神社に。3年ほどまえに一度来たが、ちょうど改修中だった、今回は
そのドハデな神社を拝めた(あっ、そういえばお参りしなかったな・・)
この時点では天気もまずまず(山頂なので寒かったが・・)
IMGP1604.jpgIMGP1609.jpg
暖かいそばを食して、両神薬師の湯、に浸かって体を温めてから、花園IC(ここでまではナビが大活躍!)から、関越で帰ってきた。

で、最後にトラブル。ちょうど練馬ゲートを出たところで、ウィンカーが左についたまま、消すことも出来ない状態に!
ライトの結露も気になっていたので、そのままディーラーに向うことにした(ここでもナビ大活躍!)

いや~でも、左ウィンカーつきっぱなしだと、走るの怖いですねぇ。とくに大きな交差点で直進する場合、ドキドキです。
途中、トラックにクラクション鳴らされたり(たぶん知らせてくれたのだと思う、とはいえ、直しようもなく手振りで壊れていること伝えられないし・・)ディラーになんとかたどり着いた。笑い話のようだが練馬から3回左折するだけ!というのはラッキーだった。

待つこと一時間、結局CPUモジュールが逝かれたらしい、ということで入院させられることなった。
ん~~~さすがイタ車!

ダニエラという女

え~女性陣には関係ございませんが

先日TV(BS)で放映された「ダニエラという女」 録画して観ました。
ま、フランス映画にありがちな、よく判らんと、いうところは多々ありますが

モニカ・ベルッチ、ほんと美しく妖艶で魅力的ですなぁ。
男性陣には必見です、と宣言しておこう。
なにせR18!

レッドクリフ Part1

残念ながら三国志は読んでないので、比較はできませんが
なんとも、話が、すっからかんで何もありません
よくもまあ、これで2時間半引張って(例のスローモーションばっか)
なおかつ最大の見せ場は・・・・・Part2とは。

申し訳ありませんが、Part2の鑑賞は遠慮させていただきます。

パリ~スクーターと地下

スクーターが非常に多いが、半数が写真のような
前掛け?を装備してる。なかには、フロントカウルにぴったりとしたものがあり
きっとT-MAX用とかあるのだろう。
すでに朝晩はかなり冷え込んでたしね。
IMGP1599.jpg
もう一つは、地下鉄の大きな広告。
たしか、有名な木工椅子だよね、これ。MINGEIだけど
IMGP1600.jpg

パリ~モーターショー

開催初日の4日に行ってきた。
p1.jpg
開場は10時、9時半ぐらいに着いたが、それなりの群衆になっている。
チケット売り場に並んでいると10時5分になっても開場されなくて、大きなブーイングが起こる。
その後、ようやく開場されたが、20mぐらいの距離がなかなか進まない。
たかだか1500円ぐらいを皆、クレジットカードで払っているので認証などで時間を食っているのだ。
30分後に、ようやく入場できた。中は・・・ま、こんなもんか?という程度の人混み。
入ってすぐに、広大な、プジョー・シトロエンとルノー(日産も・・)があり、FORDグループ(マツダも・・)と続く。
      あっ、GTRは別部屋で並ばないと拝めない、という設定でした。

一番奥に
真っ赤な壁のアルファ・ロメオ
今回は、ミトが大量に展示されている。
p2.jpg
もちろん、ブレラもじっくり見て(なんともセクシー)、他の小屋?に移動。
まずはホンダがあったが、拍子抜けするほど、人が少ない。
p3.jpg
ハイブリッドも、もう当たり前?で話題作りにはならんのかなぁ・・・
さらに移動して、トヨタブースに、こちらは、VWもあるのだが、閑散に近い状態・・・

聞いたことのない小さなメーカーがあったり、CO2の排出量をランク分けし、各車どのランクかを
展示していたりしたのが印象的だった。
コンパニオンもたくさんいるのだが、当然ながら周りも全部外人で、特に目立たない。
カメラ小僧も、おりません。ほとんどコンパクトカメラか携帯電話カメラでしたね。

パリ~バイク

朝、通勤途中で撮影・・
すこし路面が濡れている。
バニアケース付けるのが当たり前?
IMGP1532.jpg
IMGP1533.jpg
IMGP1536.jpg

路面電車

IMGP1515-2.jpg

街中を滑るように静かに移動していく。これは、快適だ!

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索