フィッシュストーリー

前半の、演出はスピード感があって素晴らしい、いくつかの時代のエピソードの
展開・構成が見事で斬新だ。

伊坂幸太郎の本は、何冊か読んでいるが、なんというか表現が難しいが
一種・村上春樹的な予想がつかない展開と、結果・結論がゆる~~い?
のが独特で、この映画でも前作のアヒルと鴨のコインロッカーと同様
その文脈が映画で、うまく具現化されていると思う。

とはいえ、人に勧められるか、というと?なのがツライ。
スポンサーサイト

ジェネラル・ルージュの凱旋

「チーム・バチスタの栄光」は、キャストの妙と、整理された脚本で、原作より面白いと思ったのが
本作は・・・・演出のテンポの悪さ(前の席のオバサンは船を漕いでいた・・)もあり
じれったい出来だった。原作の緊迫感など皆無。

ま、TVの2時間ドラマ、程度の出来ということで。

目黒シネマで、トウキョウソナタと歩いても、歩いても

キネ旬のベストテンの中で見逃していた二本がかかっていたので
初めて、目黒シネマに行ってきた。
朝から行ったが、二本目がはじまる頃には、ほぼ満員状態だった。

トウキョウソナタ:黒沢はCUREという、とんでもない傑作があるので、見続けていたが、ようやくというかなんというか・・・人に勧められる作品だ。難しい課題を、見事に昇華している。ただ、小泉今日子なしでは、成り立たなかった映画ではある。

歩いても、歩いても:なんといっても樹木希林が凄い映画だ。

ん~~ほんと、邦画、最近レベルが高いぞ!

キネマ旬報ベストワン上映と表彰式

毎年のお楽しみの会に参加してきた。
嗚呼、満蒙開拓団・・・これは難しい、中国残留孤児の原因は今回、初めて理解できたが・・我々世代にどうしろと言われても。所詮、国家なんて、こんなもんではなかろうか?

ノーカントリー:コーエン兄弟は、どうも肌に合わない、今回も正直同様で、これがベストワン??って感じである、特にラスト、映像ではなく言葉で説明しようとしているところで×××

おくりびと:二回目にもかかわらず、中盤辺りから涙が止まらない。まさにいろんな事が化学反応を起こして昇華したような作品だ。

それにしても今回は、おくりびとを中心にした妙に因縁がある受賞者群である。
滝田監督の初キネ旬ベストテン入りは、コミック雑誌なんかいらない、だし、片桐はいりのデビューもこれ。主演の内田裕也の奥さんの樹木希林、その義理の息子の本木・・・。

アカデミー賞取れて、もっとたくさんの人が観ると素敵だな!

今年の初乗り・・

今年にはいって、一度エンジンに火を入れただけのブルターレ
昨日は、まさに4月の気温で、さすがに少し走ってやろうと
近所を走った。

ちょっと走ると、水温は、軽く90度を超え、すでに汗まみれになるぐらい暑い。

でもなぁ、、もう花粉の季節。とりあえず4月中旬までは、お預けか・・

チェンジリング

たまたま最近、オットー・プレミンジャーの「バニー・レークは行方不明」を
WOWOWで観てたので、なんか似た展開でのスタートで、妙な感じだったが、
アンジェリーナ・ジョリーの鬼気迫る表情に、徐々に話に引き込まれていく。

予想とは全く異なる展開で、なかなか楽しめたが・・・悲惨きわまる話ではある。

それにしても、クリント・イーストウッドは、ほんとうまいストーリーテラーだ。

ん~ここんとこ、2時間半前後の長尺ものが多いなぁ。
90分ぐらいで、スカっとしたやつ観たい。

ディファイアンス

壮絶な戦争映画というと「プラトーン」「プライベート・ライアン」が思い浮かぶが
この映画は、兵士ではない普通の人々の戦いが故に、その壮絶さは
さらに過酷だ。

憎しみには憎しみで答えるしかない、哀しさ。

ただ、ダニエル・クレイグ、格好良すぎて007イメージから抜け出られない。

少年メリケンサック

クドカン、第二作。
(第一作は、WOWOWで録画して開始10分で挫折・・・)

当選倍率33倍の試写会、当然場内・満員!(厚生年金会館であんなに人がいるのは初めてだ)
佐藤浩市(誰かを守っているらしい・・)以外の主要キャストと監督が勢揃いして舞台挨拶。
宮崎あおいの、ミニスカートが眩しい!

で、肝心の映画・・・・
だいたい、こういった完成披露的試写では、終了時に満場の拍手・・・・なのだが
いまいち盛り上がらず。
   事実、上映中の1時間~1時間半あたりで、場内にシラ~という空気が流れ。

プロットは面白いのだが、練り足らず、でしょうか。
出演者のキレぶり(特に田辺誠一!)が目立っただけ。
出演者の楽屋落ち的ネタはいっぱいあるのかもしれないが、自分にはさっぱり判らず
(銀杏BOYZって誰?)

う~~~歳、食ってしまったかあぁぁぁぁ

プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索