LINN DS MAJIK vs AKURATE もろもろ

ひさびさに、LINN DSの話題。

なんとなく、日本のオーディオ雑誌の記事を信用して、DSは、ま、MAJIKでいいかと
ちょうど、DYNAMIC 電源に変わった昨年秋に、導入。

たしかに、CDと遜色ない音色で、どんどんリッピングしていく日々となったが
海外の掲示板をのぞいていると、どうもAKURATEとは歴然とした差があるようだ。ハード面では、特にDAC部分・・・
MAJIKから、アップサンプリングしたデジタル出力をAKURATE KONTROLに繋いでみたりしたが全然しっくり来ない(~MAJIKのアナログ出力の方が良かった)。

昨今の円高で、英国との日本の価格差は倍近くになり、つまりMAJIK日本価格でAKURATEが買えてしまうので、とうとうAKURATEに乗り換え~結局、気がつくとプリもパワーアンプもスピーカーもすべてAKURATEラインになってしまった。

ということで、MAJIKを一年弱聴いての、AKURATEとの比較であるが

いや、もう、まったく、違う!値段もずいぶん違うが

解像度というか情報量が比較するのも申し訳ないぐらい違う(事実、20年何度聴いたか判らない吉田美奈子のCDで、あれこんなバックコーラスや音が入っていたんだと気づくぐらい)し、低音も、スピーカーの位置を見なおす必要があるかなと思うぐらい。かといって、ギスギスと聴いていて疲れる音では、もちろん、無い。すべての音が、より原音に近づいた感じである。

結局、MAJIKは入門機(にしては日本価格高すぎ)であり、ステップアップにはDACを繋ぐというポリシーなのだろう。
でも、それだったっら、iPod+Plugplayerー>DACでいいのでは?とも思う。
LINNのDSは、AKURATEかKLIMAXでないと、本来のものではないのだと痛感。KLIMAXは買えない
外部DACには繋げられないが逆に迷ったりすることもないので、それはそれで良いかな。事実、LINNには今DACのラインナップないし・・・

 いよいよ、SACDプレーヤー処分の時が来たかな、渋谷のHMVも閉店だしなぁ。はやく、CDと同じか、それ以上の品質でのネット配信が普通にならないかなぁ。

 ところで、DSはイーサネットでバイナリのデジタルデータを取ってくる、PC間の通信とまったく同じである。なので、イーサケーブルやハブで音が変わるというのは信じない。
さらに、バックアップを取ったら音が変わるというのも、ちゃんちゃら可笑しい、である。そんなことがあったら(コピーするたび中のデータが変化するなら)、コンピューターのデジタル世界は崩壊する。=ネット配信も成り立たない(笑)。
CDドライブにより音が変わる、PC内はノイズだらけなので、外付けドライブが良い、なんて言ってる人があるが、エラー無くリッピングできていれば、完全に一致する(実験済み)。

 方法論が確立できてない状態で、この世界に入ってしまったので、いまさらながら音楽データの再整理(ジャンル分けやアートワーク)に時間が取られているが、リンジャパンサイトにも立派な解説書がアップされてきたり、昨今のオーディオ雑誌にDSやPCオーディオの記事が無いことは無いぐらいになってきたので、あっという間に光メディアでなくなるの当たり前になるのかな。

スポンサーサイト

告白

遅ればせながら、ようやく鑑賞。

これは、原作を凌駕した希有な作品ではないか。

原作は、多少荒削り的なところがあり、それが猟奇的な内容とあいまって良いところでもあり弱点でもあったわけだが
本作は、映像の力でもって、そのあたりをねじ伏せてしまう。

賛否両論あるだろうし、大きっらいという人もいるに違いないが、2時間に凝縮された映像に大拍手である。

NECK

この手の映画に道理を求めちゃいけないのは、判っているが
陳腐な演出は、なんとかならんかなぁ。
クライマックスの戦い?に、たどり着くまでは、なかなかテンポ良く笑えたんだがなぁ。

相武紗季は、さすがに関西弁ネイティブだったね!

悪人

渾身の力作

でも、とっても暗い話で・・・
原作ほど長尺ではないが、伝えたいことは見事に伝えられてると思う。

相変わらず、満島が光ってるなぁ。
妻夫木も、頑張ってるけど頑張ってると思わせると、それだけで・・
もうちっと、やつれてから出て欲しかったな。
深津は、怖いです、ホラーみたい。

ヤギと男と男と壁

な、なんじゃこりゃ? マイナス100点!

プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索