ゲーマー

だれが、お金出して時間使って、見るのだろう??????
スポンサーサイト

キス&キル

いや~ほんとになんの変哲もなく、ほわ~と楽しめる映画です。
ま、主役二人の魅力で持ってるというか。

キャサリン・ハイグル。。だんだん美形になってきましたねぇ。

ともあれ、最初のニースのシークエンスはテンポも良く面白くて、このまま続けてくれたら良かったのにな。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

医者が言う
「この病気が他の病気と決定的に違う点は、同情されないことです」
という、アルコール依存症(もうアル中というのは、死語、差別語?)の話

映画を観た感想も、まさにそのとうり。
主人公に、何の感情移入もありませんでした。

クジラ食した(だけの)トホホ房総ツーリング

ころころ変わる天気予報に翻弄されつつ、一日延期した房総ツーリング。
以前、走り逃した渕ケ沢林道を走るべく、せっかくの紅葉の時期なので、養老渓谷もルートにいれたが・・・

8時、海ほたる集合。今回は、初参加のホンさんの到着を、ほぼ皆で注目ししつつ(駐車場で)待って無事、合流。
またもやBMWである!
p1_20101123133152.jpg
木更津東ICから、高滝ダムの交差点を南下、途中ガス休憩入れて養老渓谷駅を過ぎ、
p2_20101123134011.jpg
465号にはいって西にむかい始めたところで、トンネル崩壊??とかで通行止め、さらに南下を強いられる。
そこで止って、ルート再検討すれば良かったのだが、なんと西に行く道がなく、結局、だらだらと勝浦市に入ってしまった。
さらに追い打ちをかけるように海岸線沿いでは雨が降り始める。
混むことが予想されるので、くじら屋に、そのままむかうことにしたが、渋滞が続く。
鴨川を過ぎたあたりで、ホンさん先導に少し内陸にはいる、拡張舗装された部分と古く狭い部分が混在する道を走り、11時45分頃に、昼食というか、今回の唯一の目的地となった、くじら屋に到着。
豪華なくじら膳を食する者、つつましく竜田揚げを食する者、めいめい楽しんだ後、どうも雲行きが怪しいので、富浦の道の駅で最後の休憩をとり解散となった。
ホンさんは、下道で帰るとのことだったが、それ以外のメンバーは、富津館山~アクアラインで帰宅。
自分は、3時前に到着し、3度連続で雨に降られたブルターレを掃除した。走行距離は290kmか。

ん~~~結局またも渕ケ沢林道は走破できず!
これで、今年の走り納め、とは、ちと、ものたりぬ、な。

行きずりの街

阪本順治+丸山昇一、では、必見だろ、と期待してみたが

ミスキャストがすべて・・・なんだかなぁぁぁぁぁ

小西真奈美:綺麗な女優さんだが、声が、ちゃっちすぎるよ。阿弥陀堂だより、はともかく、のんちゃんのり弁なんかの、ちゃきちゃき娘はよいけれど、何ともないセリフも早口に聞こえて、せわしないし感情がこもっていない印象を受けてしまう。
<最近、良作続きのWOWOWのドラマのひとつ、マークスの山、も彼女ひとりが、はまってなかった・・・>

でも、窪塚洋介は、とってもとっても良かった。彼がいなければ、もう、ほんと見るべきところがない映画だった。

ストーリーも、とりたてて特徴無くつまんなかったし、原作70万部も売れたというのが不思議だ。
一年ぐらい後にでも読んでみよう。

中国のバカヤロ

ま~最近、中国に頭来ること多いが

ひさびさの九州旅行~初、天草だったのに
黄砂で、じぇんジェン、見えましぇん、どこの展望台に上がってもこんな感じ、くそぉぉぉ
P1000409.jpg
しかし、日本でこんなんなんだから、発生してるところは、すざましいんだろうな。

最後の忠臣蔵

あ~まずい・・・中盤あたりから、涙だらだら。
役所凄すぎ。

タイトルの意味も、見終わって、ようやく判りました。



それにしても、最高のクライマックスで、携帯電話を鳴らすバカオヤジと
エンドロールで、べらべらしゃべるバカオヤジカップルに「うるせぇ!」と声を荒げ
ちょっと感動が削がれたかな・・・

フランス人への偏見?

久しぶりの巴里は、やはり風情がありました。
P1020648.jpg
フランス人は、並ばない、なんて噂がありますが
グラン・パレのモネ展では、1~2時間並んでましたし
P1020654.jpg
オペラ地区でのコスプレ用品店(日本のアニメかなと思ったら、ハローウィン用かな?)でも入場制限におとなしく並んでましたよ。
P1020657.jpgP1020659.jpg
ただ、どちらにも傍若無人の中国人はいませんでした。

プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索