ランウェイ☆ビート

可もあり不可もあり、という、フツーの映画でした。
実写でやると、ちょっと、やり過ぎのラストかなぁ。

桜庭ななみ、は、最後の忠臣蔵の影響?セリフにいつもの現代っ子風ハキハキ感が無かった。
でも、彼女の片思いの切なさの表情は、この映画の一番の救いだな。
スポンサーサイト

下町ロケット

中身の濃い熱いドラマ!
一日で一気に読んでしまいました。

こんな人生を送れたらエンジニア冥利に尽きるな、というとっても面白い小説でした。

男たちの挽歌

なんなんだろ、これ?

古くさくって、チンピラ・やくざの犯罪者を礼賛するような映画は、言うこと無し。

花粉飛散前の房総ツーリング

今年の花粉は、相当酷いと言われているので、少し暖かくなった今日、房総を走ってきた。

NSGGからの参加は、hashiさんとホンさん、ともにGSである。

集合場所の、海ほたるを9時前に出発し、最初の目的地の「渕ケ沢林道」へ。
ここは、前ささかまで絶賛されたという林道(か?)で、何度かトライしてるが、間違ったり・途中の道が封鎖されてたりで、まだ走っていない道。
今回は、間違いないように充分下調べをしておいて、目標の「清和県民の森」をめざしから、無事、走破。
といっても、舗装されているとはいえ細い林道で、みちみちの畑で仕事しいる、おっちゃん・おばちゃんが「なんでこんな道走っとるん?」という不思議な顔で、こちらを見ていた。
ともかく走りきってしまったので、410号をそのまま南下し、休憩。
日射しもあって、全然寒くない。P1020671.jpg
ここでルートを相談し、予定の愛宕山を抜けた後は、三芳村の道の駅で休憩をとりつつ、新しくできた安房グリーンラインを通ることに。
途中、白浜の巨大乱堆積後(断層がひっくり返ったりしてる!)を見学P1020672.jpg
千倉の花畑は、まだぜんぜん咲いてなくて、くじらを食してP1020678_20110206205714.jpg
1時過ぎの出発となったが予報どおり、かなり曇ってきたので解散とし、ホンさんと別れてhashiさんと富浦ICで高速に。
快調に飛ばして、3時前に帰着した。

                                hashiさん、絶賛道、見つけてくださいよ!


死にゆく妻との旅路

だからぁ・・・上映前に、出演者の挨拶は、ダメだって。

オーラ輝く、俳優をみて、たのしく談笑したりして、その後の悲惨きわまりない内容じゃ
切り替えて、ついていけないよ。

オープニングの、三浦のアップで、あれ、うまくメークしてるなぁ、と思っちゃたもん。

で、客観的にみると、キツイ映画だったなぁ・・・・・もう一回観たいとは思わない。

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索