サイド・エフェクト

お、久しぶりに面白いアメリカ映画を観た!
さすが、ソダーバーグ。
彼の映画は、独特の色調、ざらつき感が、ある。
この映画は、それが見事にはまってる。
ほんとに50歳で辞めちゃうのかな?

ウッディ・アレンのマッチポイントを見直したくなった。

スポンサーサイト

乗換??

さすがに、ブルターレで長距離移動には、きつくなってきた。

自分が、望む理想のバイク像は

まずは、カッコ!スタイリング!
車重は200kg程度
足付きのいい事(シート高800mm以下)
ABSとか、最新の電子制御装置
防風性能
ヒートグリップなどの快適性能
電源
排気量は問わず
できれば、直4(それ以外のバイクには実質乗ったことないし・・)

なんてバイク、無いんだよね。。。

少なくとも国産には、まったく無くて(しいて言えばNC700Xぐらい?でも、質感が、ねぇ)
VFR1200Fも良さげ(楽ちんそう)だけど、重すぎ!

で、海外を見てみると

Ducatiの、ハイパーストラーダ か ディアベルストラーダ
BMWのF800GT
ぐらいが、引っ掛かるか。。。でも、いまいち、欲しい!って感じにならないっすね。

ん~~~アグスタ、ブルターレベースで、ツアラー出さないかなぁ。。。。

整備

とにかく大雨の中の激走と長距離走ったので
今年二回目!のエンジンオイル交換

すこし渋くなったような気がする、スロットルワイヤーへの給油
をした。
ワイヤー給油は、刀の時はまめにやってたけどブルターレは初めて。
ちょっと外すのに手間取ったが、終了。
すこし涼しくなったら、ブレーキも外して掃除しようかな。。
それとも、6年たったし、ディーラーに本格的な整備頼むか。。。

マン・オブ・スチール

いやーすんごい、映像
どんだけ、ビル壊すんやーーー

新しいヒーローとして、悩むのもいい、けど
これだけ、ドラマが希薄で、人物描写がない、と
2時間半、なにやってたん?と言いたくなる。

それよりなによりショックなのが、麗しのダイアン・レインが
白髪のバーサンだったこと!

パシフィック・リムといい、こんなノー天気な映画ばっかでいいのか?
アメリカ!

北海道 キャノン・ツーリング

いや~走った、走った。6日間で、2018km。
食った、食った、スープカレーに始まり、ステーキ、さんま丼やジンギスカン!

大雨で、雫石の町に閉じ込められそうになったり、北海道に渡ってからも、雨・霧・雹と
いろいろ大変なツーリングだったが、これだけ記憶に残るのもバイクならでは。

DSCN1619.jpgP1010212.jpg
IMG_0020.jpg

最愛の大地

アンジェリーナ、頑張りましたね。

2時間、退屈はしませんが、これだけの内戦の悲惨さを
描ききれなかったと感じるのは、女性監督だから?
初監督作品だから?

ブルターレ 北海道ツーリング 最終仕様

リアキャリアを大きくし(デカールなどで、飾ってみました)、これが最終仕様。
ストリート・ファイターの面影ないけど、ま、仕方ない。

P1010172_20130807154028cc0.jpgP1010174.jpg
晴れると、いいな。
いよいよ、明日、出発!

刀から、6年
北海道刀

タイピスト!

まるで、ワイラーやキャプラの映画を観ているような。。。

ほのぼの作品。
まさかタイプライター競技で、ここまで盛り上がるとは!

でも、なぜフランスが、古き良き時代のアメリカ映画みたいなのを作ったんだろう?

パシフィック・リム

映像は、ほんと、凄い!

でも、なぁ、この脚本では。。
こんなに説得力ない設定ではねぇ。
それに、だれに感情移入すれば、いいんだ??

魂は細部に宿る、ということを学習してほしいもんだ。

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索