小さなおうち 完成披露

どうも女流作家の小説は、理解できない事が多い(というか途中で読むのを止めてしまう)。
これは、中島京子の小説が原作。ということで、これも物語展開そのものに馴染めず。
ただ、ちょうど今読んでいた、古市憲寿「誰も戦争を教えてくれなかった」にも記述されている
太平洋戦争も始ったころは、日本は一種バブルで、むしろ国民は高揚していたという描写があり
そこは、目から鱗的ではあった。

オープニングでの3人の会話が、もう、駄目。
山田が、映画冒頭で、セリフによる設定説明を臆面もなくやるなんて、愕然。
あの状況で、あんな会話するわけないし。
後、松たか子に、妖艶さが無さ過ぎでしょ。
結局、またも、だれに感情移入したらいいんだね?という疑問のまま、終わっちまった。

山田監督、枯れてしまうのか。

完成披露では始まる前に監督や出演者のコメント聞いて、期待が高まり過ぎるから、駄目かなぁ。。。。
木村文乃 端っこにいたけど、そこだけ光り輝いているかのようだった、美しい!
スポンサーサイト

ビル・カニンガム&ニューヨーク きっと、うまくいく

どうも、ここんとこ試写会では、自分にとってハズレばっかりなんで
劇場で観た映画を

ビル・カニンガム&ニューヨーク
これは、映画というより、ビルの生き様が凄すぎる。
ここまで、物欲なく、自分の好きなことだけできる人生があるんだ。
NIKONの一眼でフィルム、ISO400だったかな?
さっと取り出し片手でパシャパシャ撮ってしまう。
確かに美しい芸術写真を撮っているわけではないが、ピントはパンフォーカスか1ー2m辺りで固定?
シャッターの瞬間は、ブレ無くピタっと止まっているんだろうな。

きっと、うまくいく
オープニングのシークエンスは、インド人にありがちな、自分だけが良ければなにをしてもいい
という感じで、辟易するけど、そこから大学時代に遡っていき、ラストでは感情移入し感動してしまう。
さすがに大ヒットしただけは、ある傑作。

奥多摩 

奥多摩に行くと、たいがい周遊道路にはいってしまって、ゆっくり湖を見たことがなかったが
今回は、紅葉をゆっくりと。

今日は、うららかな陽射しで、とても気持ち良かった。
P1030593.jpg
駐車場では、旧車会でもやってたのか、ハコスカやハチロク、ヨタハチとかが、集まっていた。P1030573.jpg

かぐや姫の物語

自分には、全然判りませんでした。
なぜ、この絵本のようなアニメを作ったのか

だれにも感情移入できず
淡々と話は進み、ただ終わる。。。
それで2時間20分。

すべては君に逢えたから

ま、たいして期待してなかったけど。。
この程度の出来ではねぇ。
もっと話に繋がりあるのかと思ってたら、肩すかし

残念。

常陸秋そばフェスティバル ~ 紅葉ツーリング

一気に冬を迎えようとする今日この頃。。。
なんとか天気はもちそうということで、久しぶりだけど、恒例の茨城~福島ツーリング。

朝、7時前に首都高に乗るが、すでにかなりの混雑模様。
友部SAには、8時過ぎに到着。何人かは到着済みで
ん十年前にタイムスリップしたような、カズさんのRD350を見入っている。P1010340.jpg
yamaさんも乗り換えた新しいBMWで到着。

全員集合したところで、常陸秋そばフェスティバルに8:50出発。
早く着きすぎるかと思ったら、那珂ICからも少し時間がかかって、
会場にはいったのは9:40ごろ。
すでに、達磨(広島の名店)には、長蛇の列!
P1010343.jpgP1010344.jpgP1010345.jpg
40分ほどいたが、yamaさんは、4皿も食したらしい、さすがです。

そこから、北上し、道の駅:奥久慈だいごで、11時過ぎではあったが、昼食。ほぼ、皆(yamaさん以外。。)しゃもカレー(甘い!)を堪能したようだ。

ここでキノさんは急遽帰らなくてはならなくなり、ならばということで、全員の集合写真おば。
DSC00607.jpg

そこから、奥久慈の紅葉~今回のメインルート。ところどころ細い道があるが、とにかく対向車も人も!いない、でもちゃんと舗装された道を快走、まさにツーリングの醍醐味を楽しみ、観光ポイント江滝田の滝へ。
来たことがないと思っていたが、着いてみると7~8年前に、一度来ていることを思い出した。
こちらも、われわれ一行以外は、数人の客しかいないところだが、とにかく入口あたりの滝と紅葉を堪能。カズさんは、良い子はまねしちゃいけないことをやってましたが、ま、知らんぷりしとこうっと。
P1010348.jpgP1010353.jpg
そこからの道も素晴らしかったが、矢板IC手前からは、すこし信号の多い道で、若干時間がかかった。解散の上河内SAには4時前に着いただろうか。
そこからは、もう既に日没のようなナイトツーリングになった。霧雨もあり。。。渋滞はなかったが、疲れた。
6時前に帰着。440km
残念ながら青空はなく曇天つづきだったが、ほぼ、完冬仕様とホッカイロ入り手袋で寒さは感じない、快適ツーリングとなった。
13NovRoot.jpg


マラヴィータ

ベッソン、スコセッシ、デ・ニーロときたら、期待せずにはいられない。

なのに、んんじゃこりゃ!??

あれぇ____普通?

写真でましたね。
img_944867_33524928_0.jpg

MV Agusta Turismo Veloce 800

つ、ついに、。。。。キターーーーーー
う~~~はやく全貌が見たい!

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索