今年の、お気に入り作品

​今年は211本
​こうしてみると邦画にいい映画が少なかったと感じます。


洋画
1. ​ゼロ・グラビティ
2. ​きっと、うまくいく
3. ​42 ​世界を変えた男
4. ​リンカーン
5. ​別離
6. ​ライフ・オブ・パイ
7. ​アルゴ
8. ​ローマでアモーレ
9, ​プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
10. ​ビル・カニンガム&ニューヨーク

邦画
1. ​風立ちぬ
2. ​僕等がいた
3. ​永遠のゼロ
4. ​みなさん、さようなら
5. ​ボクたちの交換日記
6. ​東京家族
7. ​宇宙兄弟
8. ​奇跡のリンゴ
9. ​清須会議
10. ​ばしゃ馬さんとビッグマウス
スポンサーサイト

NSGG 走り納め 房総ツーリング

ブルターレにグリップヒーターを装着し、長老の新車も納車されたので、走り納めを企画。
奥多摩に行く予定だったダート組が、おりからの悪天候で中止になったため、yamaさん、かずさんが、こちらに流れてきて、hashiさんと合計4人。    一方長老は。。。。。昨日○○張り切りすぎたため欠席

首都高で、グリップヒーターの具合に注意しながらゆっくり走っていると、バヒューんと抜いていったのは、hashiさんで、その後、合流し、すでに事故(二件!)渋滞10数kmのアクアラインをすり抜けで、集合場所の海ほたるへ。。

ほどなく、かずさん到着、例のモト6、5.??
P1010369.jpg
なんと形容すればいいのだろう、そこはなとなく、エスプリを感じさせる絶妙なデザイン

快晴=冬晴れ。風がが強いためか、海ほたるからは、綺麗に富士も望める!
P1010366.jpg

木更津東ICで降りて、予定の道が通行禁止になっていたり、そのため行き止まりの道にはいったりしながら、林道を踏破し、なんとか鴨川まで、降りる。ぐるなびで調べていた、鮮魚料理:岡田には11:20に着いたが、すでに開店後で満員、40分待ちということで、素直に諦めて、別の魚料理店に。こっちも、なかなか美味でした。
P1010371.jpgP1010370.jpg

昼食後、かずさんは房総を東に、yamaさんは二日酔いさましにコーヒーでも飲みながら土産の魚物色ということで、一次解散。
ここからのルートは、いくつかの林道で、ライチ道とまではいかないが、落ち葉やデコボコでヒーヒーになりながら(ツーリングマップルのお勧めも、いかがなものか。。。)、鋸南富山ICで高速に。途中、アクアラインでの強風に恐怖を感じつつ、海ほたるで解散。

15:30に帰着、280km。そこそこの天気で、ほとんど寒さを感じない快適な走り納めとなった。
グリップヒーターの威力は十分で、もうこれなしでは走れないでしょう。

Hashiriosame.jpg

ブルターレ 冬仕様。。

まず、6年以上使った、バッテリーを、リチウム・フェライトに換装
ホットグリップ(HONDA製)を付けたこともあり(電圧下がると勝手に切れる優れものだが)
これで、バッテリー容量倍!
P1010362.jpgP1010364.jpg

次にたまたまネットで見つけたグリップガード
スリットが開いてたのでFTPで塞いだりして、ちと加工。
装着も、いくつかハンズで買ったものを組み込んで、完了
P1010363.jpg
P1010365.jpg
なんか、ドカのモタード風??

ツーリスモ・ヴェローチェ800 中止かぁ。。。

白紙!?

おっと、
いずれにしても、2015年以降だねぇ。。。
あれじゃ、デザイン醜悪で、売れんだろうし。

ゼロ・グラビティ

これは、傑作!
素晴らしい着想とそれを見事に映像にした!拍手!大拍手!

3Dで、観るべきだろうけど、、、、まじ、酔うかもね。。。
試写会は2Dでした。

麦子さんと

一種、ロードムービーのような小品
オープニングとラストは、いいねぇ。

PCX SHORAIバッテリーとGIVIスクリーン

街乗りで、エンジン停止後始動できず。。数百m ENEOSまで押して電源借りて(なんと525円も取る!)始動とかあったので、まぁ。。中古だしバッテリーも古いのだろうと、交換。
で、ついにSHORAIに挑戦してみた。
ま~小さいし、とにかく空箱?と思うぐらい軽い!
電圧測ってみると、鉛バッテリーより高く、なかなか良い
P1010360.jpg
ブルターレも、グリップヒーター付けるし、容量の多いSHORAIに換えてみるかなぁ。。

同時に、ヤフオクでゲットしたGIVIのロングスクリーンに換装。
思ったより違和感なく、いいんでね?
P1010361.jpg

鑑定人と顔のない依頼人

ミステリーというより、ラブストーリーだよね。
伏線はりまくりなんだろうけど、全部は、判らなかったような気がする。
結果、腑に落ちないというか、??というところは残るけど
圧倒的な演出力で2時間強、ヨーロッパの街の雰囲気とともに堪能できる。

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索