7月 初夏 避暑~酷暑耐久?ツーリング

VFRでの初の本格的ツーリング、NSGG定例!
3連休の後だから、たいしたことないかなと、ちょっとゆっくり目で6:15分出発したら
練馬IC前から大渋滞、恒例の高坂SA前でも渋滞しており、すでに30数度の気温の中
すり抜けつつ、なんとか8:15に集合場所の、甘楽PAに

あっ!今日のルート、ナビに設定し忘れていた!
皆が集まってくる中、あせって設定するが、いかんせん適当。。
この後、hashiさんやライチさんとインカムで相談しながら走ることに。。。

初参加のMさんも、時間前に来ていただき、ひとり”りんさん”は連絡もないので、あきらめて9時前に出発。
今回は、てっちゃん、どらちゃん、yama、M、hashi、ライチ、かず(敬称略)、私の計、8名

まずは小諸ICで降りて、本日のメインコース:チェリーパークラインに。
入口で一旦止まって、私はアクションカメラをセット。最後尾より皆を撮影しつつ上がっていくことに。
上り映像
DSC03378.jpg
さすがに、森林・高原ルートなので、少し涼しく快適である。
これが、今回、初参加Mさんの巨大!アメリカン、350kgって???

P1000399_20140727125732a59.jpg
非常に美しく、人が乗るとさらに美しい!見事なバイクです。
下り映像
下って、yamaさん推奨の佐久のそば屋に先導してもらったが、生憎、貸切。
その町で夏まつりがあり、その関係らしい。
仕方ないので、適当に走った和食ファミレスで食事。
yamaさんは私用(社用?)で、ここで離脱。
コスモス街道(254)は、非常に快適なルートで快走。
が、外気温は35度を超え、相当しんどい。1時間で休憩をとる。
P1000404.jpgP1000403.jpg
この後、予期せず、とっても、ライチな道を踏破し(Mさん、ほんと凄い!あんなほとんどUターンの角度の登り坂を苦も無くあがるなんて!)コンビニすら無いので、スーパーマーケットでガリガリ君などを食べて小休止、本庄児玉ICで、カズさん、どらちゃんと別れ、高坂SAで最後の休憩~解散とあいなった。
この時点で、皆、ふろ上がりのような上気した顔顔で、もう限界手前。

幸いにも関越は渋滞なく、6時に無事帰宅。
420kmほどか、燃費18L/kmあたり。
Takamina.jpg


低速4~50km/h 辺りでくねくね山道をあがっていると右足にそれなりの熱さを感じたが、ま、大したことない。
なにせ外気は、体温以上!?

VFRにも、かなり慣れてきたかな、とにかく乗ってて楽しい。
今回もブルターレに比べると疲労度合はかなり低いと言えるだろう。
信号待ちでもエンジン切って、イグニッションオン・ギヤ入れ・スタートが当たり前で出来
というのも、ブレラはエンジン停止しても勝手にはニュートラルにはいらないので
エンジン始動にはまずニュートラルにいれるひと手間あるんだよね、そこで手順が違う。
慣れてきたかグリップの振動による手のしびれもなし。
ただ今回はゲルザブはずしていったら後半尻が痛くなったな。
ゲルザブは必携か?

さあ、次はいよいよ、東日本縦断~北海道だ!
スポンサーサイト

サンシャイン 歌声が響く街

スコットランドの市井のひとたちの、ちょっとだけ日常から外れたエピソードを、さほど深刻ぶらず描くミュージカル映画。
100分という長さはいいのだけれど、セリフの幾つかは歌なので、やはり話としては希薄になる。
この映画の歌に感動できる人には、いいんだろうね。

奥多摩に慣熟ツーリング

三連休最終日は、なんとか曇天。
朝、ゆっくりめの出発。まず奥さんを乗せて数kmタンデムで走行。
まず、リアステップに足を掛けて乗られるときに、ウッ
信号で止まるたびに、ちょっとふらついて、ウッ。
なにせ7年ぶりのタンデム、加えて重いバイクだし、ゲルザブ敷いていて、若干脚付き悪いし。。
などと言い訳しても仕方ないけどね。。。

降ろした後、首都高~中央道経由で上野原ICに。
渋滞はないが、若干交通量多く、ペースは低かった。
そこから、いつものコースで、奥多摩周遊道路まで。概ね登りのワインディング。
登りの場合、Dモードで走るのは、ないなぁ~~~ギア高過ぎ。
MTに変えて快走するが、途中で若干面倒になり、Sモードで。
こちらは、まずまず、いい感じ。それでも上りでは、ギア低すぎることがある。
あるいは、車重の割に低速トルクがないのか?
ブルターレの方が、エンジンがパワフルだったのだろう。
とわいえ、逆にマイルドでドン付きなどないのでストレス~緊張感は低い。
ようやく晴れてきて30度越えてきた。
県民の森駐車場、さすがにバイクが多い。013311312117df49b1617ab86bd.jpg
そのまま奥多摩湖まで下って、帰ってきた。240kmほどかな、あれ?4時間で!?

カタナからブルターレに代わったときに高速での直進安定性には感心したものだがVFRはさらに別次元だ。
とにかくバイクお任せで疾走できる。右手を軽くアクセルにかけておくだけでも問題なし。
一方ワィンディングは、安定が強すぎるのかヒラヒラ感は無い。カタナほどではないが。。
ブルターレでは、体の位置変えると旋回特性も大きく変わったが、
VFRだとシートが幅広ということもあり、あまりそんな気にならない。
確かにこいつは、ツアラーだ
都内で30度越えの状態で信号待ちでは右足元にド熱風が噴き出してきた。
足がむき出しだと火傷するかもね。。。

燃費は、18km/Lぐらいかな。。
燃料計、最後のマークが残り4.5Lで点滅するので、結局走行距離220km辺りで、点滅状態になる。
奥多摩はガソリンステーションも少なく、あまり精神衛生上良くないねぇ。。。

いよいよ梅雨明け!
来週はNSGG避暑ツーリング(ほんとに涼しいか!?)!


VFR1200DCT 納車後のプチ改造(その4)ハンドルアップとタンクパッド

hashiさんには効果無いよ~~と言われていたが
ネット経由問い合わせでバイク買った特典で5000円のクーポンもらったので、ポチした。
ぎりぎりの12mmアップP1040001.jpg

タンクがせり出しているのがデザイン上の特徴だが、どうやっても擦れてしまいそう。
前回のツーリングでは気になったので透明シート貼っておいたが、帰ってきてビックリ
エアバッグジャケットのどこかが擦れていたのかな?ぼろぼろ。
ということで、VFR専用のパッドを見つけたので、これもポチ
P1040002.jpgP1040003.jpg
せっかくの3連休は曇天だが、月曜にはどこか行けるかな?

あ~今現在、高速は渋滞してますなぁ。。。

ゴジラ

友人のお誘いがあって急遽、ジャパンプレミアで観てきた。

あ~こういう、お話だったのね、とちょっと予想外だった。
2時間、退屈はしないけど、ちゃんと、お話を語ってほしいなぁ、この脚本・演出力ではねぇ。。。。。

渡辺謙も、全然見せ場ない、情けない博士役。舞台挨拶では盛んに監督に感謝してたけど、ウソだろ?

一番盛り上がったのは、舞台挨拶にビデオレターで出てきた本物松井ゴジラでした、私的には。

思い出のマーニー

こ、これは、なにもいえねぇ。。。何度も落ちた。。。

VFR1200F DCT 初ツーリング!

梅雨の合間で、晴れたので、プチツーリング。
タイヤ入れ替えたばかりのhashiさんが、タイヤ皮むき目的で参加

相模湖IC~道志みち~山中湖をかすめて、山中湖小山線~足柄峠を越えて大井松田IC ドアツードアで200kmほど

P1000392.jpgP1000394.jpg
右の写真は、山中湖小山線はいったところすぐのパノラマ台から、富士の頂もかすかにみえていた、なかなか眺めのいい場所だし、道も上りあり下りあり、ヘアピンあり高速カーブあり、となかなか変化に飛んだ良い道だ。近いし練習場にいいかも。バイクもそこそこいました。

さてVFR
ワインディングではブルターレとはちがい肩肘はらずに非常に安定して旋回し高速で走れる、簡単すぎるぐらいだ。エンストはしないので、キツイカーブでも安心して周れる。
前傾は、カタナほどではないとは思うのだが、まだ慣れていなくて、ちょっときつく右手は疲労気味。
高速での楽ちんぐあいは予想以上で、ぬえわぐらいだと、なんの変化もないぐらい、ぬゆわにも瞬時に達し(ブルターレでは必死の状況になる?)恐怖感?皆無。
これは、免許ヤバイかも。。。
もちろんバックミラーは微振動もなく、よ~~~く見えるのだが。

自動変速、Dモードだとおもったより変速は早く、上りではちょっとキツイ。ということで、上りではMTとの併用が良さそうである。
今回は燃費重視(正確には、はかっていないが、17~18km/Lぐらいか。。)なのでSモードは試していない。

外気30度程度だと、走っていて右足ほんわか熱いぐらいで、特に問題はなかった。
なぜか今日は3台もVFRとすれ違ったよ、割合、走ってるじゃん!?

衝撃映像は、こちら!
オンボード

VFR1200DCT 納車後のプチ改造(その3)アクションカメラ

とりあえず、ミラーステーを利用してみた。
P1000390.jpgP1000391.jpg

ふ~む、まずまず安定してるかな。
明日、試し撮りしてみようっと!

VFR1200DCT 納車後のプチ改造(その2)Puigリアハガー

ひょっとしたら、タイヤ外さないと付けられないかもしれないが、ポチッしてしまったので挑戦
これが付ける前P1000380.jpg
もともとハガー用にボルト穴存在するので、それを利用するだけ、とはいえ、最初の金具とりつけるためのボルト設定は、ほんとギリギリ。手の大きい人であれば無理かも。。P1000387.jpgで、無事装着P1000389.jpg


VFR1200DCT 納車後のプチ改造(その1)

まず、納車時であるが、3個のパニアに加えて
スポーツスクリーンP1000383.jpgが実装されており、さらに、ハガー(泥除け)無いのに発売後ハガー取り付け時に熱で問題が起こり、それの回避策として発売されたサブハガーと呼ばれるジャマ板が付いている。P1000378_2014070516223219d.jpg両側

自己改造というかオプション取り付け、まずは、サイドディフレクター、手に当たる風の軽減が目的P1000382.jpg左図が付ける前、
付けるとP1000386.jpgP1000385.jpgこんな感じ、付ける前に高速走行できなかったので、比較不可(笑)。取り付け時にもとのカウルに小さな穴をあける必要あるが、特段難しくはない。にしても定価3万、高すぎだろ!とりあえず半額以下で済ませた。。。
さらに、フロントスライダー(これは飾だな。。)P1000384.jpg2000円で在庫処分してたのでポチッしてしまった。。





プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索