振り子

中村獅童と小西真奈美、舞台挨拶付き試写会。

原作が良くできている(できすぎている?)から、難しいとは思うけど、
最後まで大介が好きになれず。。。。
ちょっとずつ、全登場人物の描写が薄い(偉そうでスンマセン)。
ただ、号泣している人は一杯いたのは事実。

やっぱ、観る前に、舞台挨拶で色々聞いて期待しちゃうとダメだね。
研ナオコの、まじのバーサンは、凄かった。
スポンサーサイト

きっと、星のせいじゃない。

いい映画だとは思う。
主演の二人が素晴らしいし。

でも、やっぱこの手の話は、好きじゃないな。
映画で観たくは、ない。

ウィレム・デフォーの使い方にも、ちと不満。

アメリカン・スナイパー

またまた、凄い作品。
イーストウッドは、どんどん凄みを増していく。

結果として反戦というメッセージが伝わっていないことは
アメリカでの大ヒットが示唆しているし
率直に言ってカウボーイ・西部劇的な所もある。
もちろん、アメリカでは、主人公はまぎれもなくヒーローだったんだろうし。

ただ、戦争の矛盾・現代戦争の不正義(過去に正義があった訳ではないが)
は痛烈に描かれていて流石というほか無い。

キネマ旬報 ベストワン上映と表彰式

週末、初春の恒例行事。ことしは、近所のシビックホールになって便利だ。
開場一時間程前に行ったが、すでに長蛇の列。
だれが目当てかは分からないが、徹夜の人もいたらしい。

ともかく、邦画ベストの、そこのみにて光輝く、は、ほんとうに奇跡のような素晴らしい作品だった。
20150209225912ad3.jpg

シート交換

いろいろ調べていると、マイナーチェンジ後の海外仕様のシートが一番ということなので、入手。
写真は、左から、その海外仕様、現状の国内仕様+ゲルザップ、国内仕様
P1000716.jpgP1000717.jpgP1000718.jpg
海外仕様は3cmほど高くなるのだが、またがってみると、ほとんど差を感じない。
クッションが圧倒的に柔らかいので、凹むようだ。

それにしても、もともとのシート、改めてさわってみると堅いこと堅いこと、そりゃ、尻痛くなるわな!

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索