エヴェレスト 神々の山嶺

壮絶な映像に、鬼気迫る阿部寛の存在感。

でも、脚本弱すぎ。
だれにも感情移入できんぞ。
単に、人が死ぬ映画が嫌いなだけかもしれないが。
スポンサーサイト

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章

一作目をみていても、相当詳細に人物関係覚えていないと何が何だか判らない(自分がそう)。
もっと絞ればいいのに、ね、群像劇にこだわりすぎて収拾ついてないよ。

例によって、ビル・ナイの素晴らしい演技によって、最後は救われるけど。

最近、仕事でインド人に不満が溜まってるから、主人公をウザく感じてるのかも。。。。

X-ミッション

これ、ほんとCG無しなんかい?

とんでもないアクションと映像で、お尻の◯が、むずむずするくらい、凄い。
3Dだと、もっと凄いんだろうね!

大画面で観る価値ある映像!(ストーリーが破茶滅茶で、映画とは言いがたい。。でも、いいよ、そんなことは)

2016 走り初め 大月・大菩薩ライン ツーリング 

春の嵐の予感の中、2月にしては異様な暖かさになるという予報のもと、今年の初ツーリングを企画。
前日金曜でも予報がころころ変わるし、気象庁とWeatherNewsでも、降水確率が全然違う。
迷って迷って、土曜6時に開催可否を通知することにした。

朝、予報をみると、東京は17時から雨になっていたので、開催を決定。
7時前に首都高にのり、中央道から、上野原ICに、この時間にしては珍しく空いている。
顔・首あたりは寒い(メーター気温計2度!?)。。。はたまた目の前の富士や山々には雪化粧が。。。

8時前に集合場所のコンビニに到着、ほどなくhashiさん、yamaさん到着。
8時半前に、今回初参加、かつ久々の女性ライダーのJunkoさんも登場。
千葉からなので、もっとも遠距離を走ってきたことになる。
愛車は、なかなか綺麗なCB400、マフラーがヨシムラだったりして凝っている。
実際、走りも見事でした。

さて、予報は、かなり外れて快晴に近い!

走りだし、大月方面に少し南下すると、路肩には、それなりの雪が!?
ん~~悪い予感。
35号を西進し、途中、右に曲がって地図でも細い、鈴ケ音峠を目指す。
途中、少しロストしたが、引き返し、車一台が通れるぐらいの細い道を上がっていくところで、
地場のオジさんが、我々を止めて、これから先は雪でいっぱいだから、バイクは無理だよ
と教えてくれた。素直に従い、なんとかUターンする。
幸いにもまだかすかな登りで問題なかったが、下りだったりすると。。。。お~~怖。
ありがと、オジさん!
戻って、139号で北進する。

松姫峠に上がる道は閉鎖されていて、素直に松姫トンネルで小菅に抜ける。
途中のダムにトイレマークがあったので一旦止まるが、トイレも閉鎖中。。
P1020018.jpg
山々にも雪が残る。
その先の道の駅、小菅にして、小休止。
018c3c70148e6404f15212eb562.jpgP1020020.jpg
ここからさらに、北進し、少しずつ標高が上がっていく。
路肩の雪、そこから流れ出る雪解けで路面が濡れており、ときおり凍結していたりする。
雨とちがって、乾いたところから急に濡れた路面になるので、なかなかスリリング。慎重に進む。
hashiさん、むかし滑って転んだトラウマがあり、怖いとブツブツ。
大菩薩ラインは、何度走っても見事な道だ。ときおり、風で雲が流れる富士の頂上が拝める。

昼食予定だった、茶屋を間違って素通りしてしまい、町まで降りてから、
yamaさんリクエストで昔いったことのあるはくさい、で昼食。
みずらしいメニューの、巨峰そばを頼んでみた。皆は、まずいに違いないと言い張っていたが。
01bc7ada76a9ebea7bf17ce152c.jpgP1020021.jpg

そばというより、うどん、で、まずくはない、特段美味しくもないが。
このお店は量がはんぱないのだが、皆、○くったのね、hashiさんですら、あなご丼完食できず!(長い付き合いだが食事残したのは初めて見た!)

ここで、驚愕の事実発覚、なんとJunkoさんは、○○ライダーズ繋がりで、てっちゃんともお知り合い、とのこと。
狭い世間というか世界というか。。ま、これも、なにかの縁ということで。

久しぶりのツーリングということで若干疲れも感じており、
峠に上がると、また雪との闘いになるかもしれないので
素直に南進し勝沼ICより高速に乗る。
気温は20度超えで、暑いぐらいだった。

強風(予報で10m/s)は、さほどでもなく、4時に帰着。天気はいまだ晴れ、結局雨は降らず
320km

ん~~やっぱ2月に山は、危ないのね、覚えておこう。

daibosatu.jpg



偉大なるマルグリット

まったく理解できない苦痛の2時間10分でした。
悪趣味と感じない人もいるのね。。
アイドルレベルでもヘタなのは耐えられないのに
酷すぎる音痴の歌声を聴かせる映画。

んーー難解かなフランス文化

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ​ ​

劇場にて観賞。
4-6のストーリーをなぞったようなもの。
アクションは派手ではあるけど、新規性はなく。。。
8はDVDでいいかな?

ヒットしたのは渇望してただけか。。。

ファンのかた、すんません。

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索