VFR1200F スクリーン 交換

買った時から、スポーツスクリーンという二段のスクリーン仕様になっているが
どうも、高速で、いつもの巡航速度あたりになると風切り音で、インカムとか音楽とかが
聞こえにくくなる。
当然、体にあたる風もそれなりのはずなので、ま、ブルターレに比べたら雲泥では
あるのだが、VFRのパーツもずいぶん安くなってきているようなので
(もう、カタログ落ち寸前で、売れていないようだし)
リアフェンダーと同様の、Puigのをポチ。

マニュアルどおりなら、複雑なフェアリング全取なのだが
そんなことしなくてもできるらしい。
便利な時代で、写真付きで手順がアップされている。

その通り、始めるが。。。

フロントパネルは、どうやっても外れない。
何度も力ずくで試すが、もう、親指は限界。
で、爪のある辺りに、おおきなマイナスドライバーを突っ込んで、ようやく外れる、ふう。

以下、取り付け前と取り付け後。すこしすっきりしたかな?
P1020207.jpgP1020209.jpg

効果のほどは、次回ツーリングレポートで。

それにしてもスポーツスクリーン装着のための台座が接着されていたので、その痕を消すのも手間だった!
スポンサーサイト

シン・ゴジラ

あまりの評判の高さに、ようやく鑑賞。
開始時間の関係で、豊洲にて4DXで。

政治家に見せたいとか、いろいろ言われてるけど、皮肉も込めた、てんこ盛り・フルスピードの映画。
登場人物が、とんでもなく多いけど、すべてのキャラが立っていて、素晴らしい。

IMAXの大画面で、都内に佇むゴジラも見てみないと!

後妻業の女

夏休みの最後は、久しぶりの試写会で締め。

原作 黒川博行で読んではいないが、笑いと毒がたっぷりで、見事なエンタテイメント作品。
大阪~関西弁、でないと成り立たない、ところも、ええなぁ!

2016 東北~北海道キャノン

一日目
「おにーさんたち(と声かけられたと思う、オジサンではなくて)、この席、来るって言ってた人来ないから座っていいよ」
「え?ほんとですか?ありがとうございます!」
刻は夕方、処は、五所川原。
初めての、ねぷた見学で、どこにどういればいいかわからない我々は、ねぷたが通るであろう道でカメラを構えていた。
道に沿ってパイプ椅子が並べてあるが、背もたれには名前が書いた紙が貼られていて、どうも予約席のもよう。
所在なくたっていたら、そこのオバーサンが声をかけてくれた。
ということで、道最前列で座って見物できることに。

格納されているビルから、出陣:まるでガンダム!
P1000079.jpg
P1000144.jpg
P1000092.jpg
一時間ほどの祭を堪能できた。割とゆるーーーい感じで、良かった。

さて、この日は5時に出発し、700kmを走破し、弘前のホテルに4時投宿。その前に、田舎館村のたんぼアートを見ている。
P1000044.jpg
P1000050.jpg
30分ほど並んだが、昨年のリベンジを果たす。

東京からは常磐道を通り仙台を通過、311の爪痕はまだ残り、放射能メーターが高速沿いに設置してある。。
一車線の部分も多いが、内陸の福島市は37度とかになっていたので、いくぶん涼しく正解だっただろう。

二日目
「グエ!?」と吐き出した、サーモンの刺身、なんともはや味気ないし酷い食感。
刻は夜、処は、函館、ホテル近くの屋台村のようなところの「桜」。
カニ丼のカニも水くさく、とても食べれたものではない。
生と称しているビールも、ひょっとして発泡酒!?
函館山に上って夜景を見るため、あせってはいった店が酷すぎた。
そそくさと出て、ロープウェイ乗り場までタクシーを使う。
「ねぇねぇ、運転手さん、あの一角の店は、ダメなの?」
「どこにはいりました?
「桜、とにかく酷くて、刺身は吐き出した・・・」
「あ~~~あそこはダメですよ」
「う~~~」
「ところでロープウェイに乗るなら、このままタクシーで頂上までどうですか?、ロープウェイは今頃だと30分待ちだし、値段も同じぐらいですよ」
「お、では、それで!」
ということで頂上、中腹を案内してもらう。
P1000296.jpg
P1000323.jpg
P1000308.jpg
あまりに酷い店に捕まったことを同情してくれたのか、これでは観光都市函館の名折れと思ったのか、山を下りた後、ライトアップした教会や港も町を全部案内してくれた。

時間はさかのぼって、昼の恐山。<動画>
P1000175.jpg
一昨年は、小雨の中だったが、今回は好天。暑すぎるので、全部回るのは断念し、売店のところまで戻ってきたときに、hashiさんが急にオドオドしはじめ、胸が苦しい、食欲が消えうせた、早く離れようと言い出し、ばたばたと出発した。
ん~~過去に、どんだけ悪さしたら、こうなるのだろうと、なんも感じない自分だった。

大間に行く前に仏ケ浦に。ここは、600mも、それなりの急坂(階段もあり)を降りないと海岸にたどり着けない。
酷暑の中、ヒーヒー言いながら、なんとか着くと、そこはまさに奇観。
P1000256.jpg
大間には、出港の50分ほど前に予定どおり着いて、夜、北海道に上陸した。

三日目
にぎりの皿を前にして、私「ウニ、食べてみるかなぁ・・」
「え?どれがウニ?」
「この白いのウニじゃないの?」
hashiさん、信じられないような顔で、絶句。
刻は夜、処は、小樽、ホテル近くのガイドブックにも載ってる、たけの寿司
函館では大失敗したので、ガイドブックを参考していった店がこれ。。。
ウニは、やはり生臭く、酷い。
トロも形が崩れていて、いかにも切れない包丁で切った感じ。
当然、味も酷い!
ホッケもこんな脂ののってないのを北海道で食わされるとは、もう、信じられな~~~い。
夜景も見に行ったが、写真で撮るほどのものもなく、とぼとぼとホテルに戻った。

この日は、朝、松前藩屋敷を見学し、海沿いの道を快走後、いったん東に出て高速経由でニセコに。<動画>
パノラマラインから到着した、神仙沼には、駐車場から800mほど歩かないと着かない。
小ぶりの尾瀬かな。。。
P1000351.jpg
P1000346.jpg

四~五日目
朝、8時に出発し、とにかく高速をかっとぶ。
旭川を経由し、層雲峡の銀河の滝をみて、三国峠に。快晴だ!<動画>
P1000382_20160812163616d1d.jpg
P1000389_20160812163615536.jpg
峠のカフェでカレーを食べて(ようやく、まともな食事!?)、85で南下。<動画>
それにしても小樽から、帯広手前まで350kmまったくガソリンスタンドがなく、ぎりぎりだった(残り1L?)。。。
高速に乗って、苫小牧に。
5時過ぎに着いたが、すでに乗船開始しており、ほぼ最後尾となった。

運よく、ドライバーズシートをいただけて(二段ベットではない)、たっぷりゆっくり休息とれて
早朝には、内村の神がかった鉄棒の大逆転に歓喜して定刻より30分早く下船。
大洗から曇天の茨城を抜けて帰宅
総走行距離 2100km.
VFRのオドメーターも20,000を越えた。

食は、とっても酷かったが。。。
台風5号も、われわれのルートをうまくよけてくれ
一度も雨具のお世話になることなく、多少暑すぎたところは仕方ないとして
観光ポイントも制覇して、素晴らしいツーリングとなった。

canon.jpg




2016 東北~北海道キャノン 前日

いよいよ、明日からキャノンツーリング。東の海の台風が気にはなるが。。。

まず今回はかなり観光もするので、デジカメは、3本レンズ体制で。
これで広角24mmから望遠280mmまでカバーすることになる。
加えて、ねぷたと函館小樽の夜景のために単眼30mmF1.7の明るいレンズも。
振動が気にはなるので、たっぷりウレタンの入ったカバンも購入。
01e3fa3cf42478d672ddcd4d021.jpg

雨に備えて防水手袋さがしていたら、SPIDI :RAINSHIELD H2OUTがメッシュで透湿防水でよさげ。
1.5万と、ちと高いかなとおもって検索したら、一応日本語っぽいHPのスペインのネット通販会社を発見。
Paypal対応なので、万が一入手できなかった場合、まず確実に返金されるので、発注!9000円弱。
一週間ほどで、到着。経緯は、ネットで確認できる、お、いま、オランダまで来たか、とか。
う~ん、世界は確実に狭くなったな。
靴も安いので買おうかと思ったが、送料がバカ高く、断念。
0158558246f0b98bbf9c99cd4dd.jpg010938852d1747f4c4a9fcd3128.jpg

ふ~む、iPhone7の数日前か、気になる、楽しみ

そろそろ、MVアグスタに、革新的なデザインバイク(F4とブルターレのような)出てほしいな!

ここをクリック

北海道まで、あと6日!

プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索