初秋の茨城田舎道ツーリング

金曜は真冬のような天候だったが、雨は夜中にあがり土曜は好天ということで
NSGG臨時開催(延期)の茨城田舎道ツーリング

6時半に出発、常磐道につながる首都高も、若干の渋滞気味
車が多い。

中にフリースを着込んだが、だんだんと晴れてきて、集合場所の北茨城ICでは汗ばむほどに
今回は、まっつん、ゆうさんの3人だ。
P1020218.jpg

9時半前に出発し、イバラギニュル(広域農道)、グリーンラインを走る。
あ~~~快走道だが、休憩場所が全くない($・・)/~~~
仕方ないので、車の通らない山中で小休止。
P1020219.jpg

11時ごろに見つけた、出来立ての大きな道の駅(名前はなんだ??)で休憩
ちょうど、そば祭りみたいなものをやっていたので昼食に。
じーさんが、半分冗談のようなスローモーションで作ってる。
P1020222.jpg

そこから、ビーフロードに入って、北関東道IC手前で、解散。

妙に空いていて、どの車もかなりの速度で走ってるので、それプラスアルファで疾走。
2時前に帰着

400km

それにしても、今年は紅葉が遅い。
先週の鳴子峡も紅葉ようやく始まったって感じだったもんなぁ。

Oct29.jpg
スポンサーサイト

聖の青春

原作とは違って、映像で見せよう、できるだけ状況説明はしないでおこう
という意図なのだろうが
むやみやたらにつかわれる、無音のスローモーション演出には辟易したよ。

役者は、頑張ってたけどねぇ。

湯を沸かすほどの熱い愛

とにかく子役の二人、杉咲花と伊東蒼が凄い!
脚本もよく練られているし、ラスト間際のシーンに、見事に繋がる。
邦画ならでは、かな。
今後、この監督作には注目しようっと。

試写会場は 満員で、整理のため上映が遅れ、場つなぎに音声だけで監督が前説やったのはネタバレも無くよかった!

奇蹟がくれた数式

いい映画なんだけど、とっても残念な作品。
完璧映画のハドソン川ショックなんだろうか。。。

ポイント外しまくりの脚本に
それをなぞるだけの凡庸な演出。
主演のデーヴ・パーテルは、最近出まくっているがコメディ役がほとんどで
この映画での笑顔は、明るすぎるだろ。

ということで、あーーーおしい、と思いながら見てしまった映画だった。

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索