恋妻家宮本

舞台挨拶付きで、阿部寛や天海祐希、早見あかり、他が登壇。
監督はえらくはしゃいでいたけど。。。

だいたい、現場が楽しかったと、出演者が言う映画に限って、なんだかなぁというのが
多いのも事実なんだよね。

結局のところ、主人公の妻への”恋心”が、まったく伝わってこないので
ふつ~~のコメディ映画に終わってしまっている。
所々、面白いところもあったんだけど、出てくる人々が細切れでつながらず
2時間テレビドラマのクオリティでした。
IMG_1818.jpg

...続きを読む

スポンサーサイト

ショコラ 君がいて、僕がいる

今年最初の試写会。

なんとも情け無い邦題で、期待度は低かったが、なかなか面白かった。
特に、チャップリンの孫の、ジェームス・ティエレがいい。
哀しげな表情は、なんとなくチャップリンと似ていて、彷彿とさせる。

フランス映画というよりはアメリカ風の破綻ない演出は、ま、仕方ないか。

にしても、オマール・シー、途中でピアスの穴が消えるのは、ご愛嬌?
かなり気になったよ。

プロフィール

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索