東京モーターショー:クルマ編

クルマの方は、今回はなんといってもニッサン、力はいってたなぁ。
GT-Rは、ものすごい人だかり。なんで、近寄れない状態での展示しかないのか
(もう発売するのに)理解に苦しむが、遠巻きに眺めるしかない。

トヨタは、やはりレクサスのイメージ作りに迷いがあるような気がする。
いっそのことトヨタ村から離れ、メルセデスとかフェラーリの隣に構えればよいのに。

ホンダは、フィット一色って感じで、オデッセイやストリームの陰形も無い。
ひょっとしてラインナップを絞る方向に逆舵切るのかな?
ストリームは中に座ってみたが、広さと開放感は感動的だった。

んなかで、CR-Zは、ガソリン高騰の折、買いたくなるような車だ。
P1000233.jpg
で、後は、外車だが、フェラーリやポルシェは、利益率高すぎ、もうけすぎなのでキライ。
ビンボウ人は、アルファへ。
P1000237.jpg
もう、なんといっても、ブレラだ!欲しいぃぃぃぃぃ。
でも、なんでか、外車勢はドアがロックされていて、運転席に座れないんだよ。

最近は、コンパクトデジカメや携帯電話で写真を撮る人が増えたので、広角に弱いから
みんな遠目で撮るんだねぇ。だから、被写体の回りは割と空いていて、良いですね。
今回は、L1で撮っております。

スポンサーサイト

「東京モーターショー:クルマ編 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「東京モーターショー:クルマ編 」へのトラックバック

http://htai.blog110.fc2.com/tb.php/56-0e4afd2c

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索