奥多摩に慣熟ツーリング

三連休最終日は、なんとか曇天。
朝、ゆっくりめの出発。まず奥さんを乗せて数kmタンデムで走行。
まず、リアステップに足を掛けて乗られるときに、ウッ
信号で止まるたびに、ちょっとふらついて、ウッ。
なにせ7年ぶりのタンデム、加えて重いバイクだし、ゲルザブ敷いていて、若干脚付き悪いし。。
などと言い訳しても仕方ないけどね。。。

降ろした後、首都高~中央道経由で上野原ICに。
渋滞はないが、若干交通量多く、ペースは低かった。
そこから、いつものコースで、奥多摩周遊道路まで。概ね登りのワインディング。
登りの場合、Dモードで走るのは、ないなぁ~~~ギア高過ぎ。
MTに変えて快走するが、途中で若干面倒になり、Sモードで。
こちらは、まずまず、いい感じ。それでも上りでは、ギア低すぎることがある。
あるいは、車重の割に低速トルクがないのか?
ブルターレの方が、エンジンがパワフルだったのだろう。
とわいえ、逆にマイルドでドン付きなどないのでストレス~緊張感は低い。
ようやく晴れてきて30度越えてきた。
県民の森駐車場、さすがにバイクが多い。013311312117df49b1617ab86bd.jpg
そのまま奥多摩湖まで下って、帰ってきた。240kmほどかな、あれ?4時間で!?

カタナからブルターレに代わったときに高速での直進安定性には感心したものだがVFRはさらに別次元だ。
とにかくバイクお任せで疾走できる。右手を軽くアクセルにかけておくだけでも問題なし。
一方ワィンディングは、安定が強すぎるのかヒラヒラ感は無い。カタナほどではないが。。
ブルターレでは、体の位置変えると旋回特性も大きく変わったが、
VFRだとシートが幅広ということもあり、あまりそんな気にならない。
確かにこいつは、ツアラーだ
都内で30度越えの状態で信号待ちでは右足元にド熱風が噴き出してきた。
足がむき出しだと火傷するかもね。。。

燃費は、18km/Lぐらいかな。。
燃料計、最後のマークが残り4.5Lで点滅するので、結局走行距離220km辺りで、点滅状態になる。
奥多摩はガソリンステーションも少なく、あまり精神衛生上良くないねぇ。。。

いよいよ梅雨明け!
来週はNSGG避暑ツーリング(ほんとに涼しいか!?)!


スポンサーサイト

「奥多摩に慣熟ツーリング 」へのコメント

むむっ
やはり足元の熱はすごいですか! うわさ通りかぁ
我が相棒もそろそろ きつくなってくる頃です
冬には長所になるんですけどねぇ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「奥多摩に慣熟ツーリング 」へのトラックバック

http://htai.blog110.fc2.com/tb.php/617-9e5d07f3

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索