VFR1200F マフラー デバイスキャンセル

いや~~(台風がくるまでは、)いい天気ですねぇ。

ちょっと掃除ついでに、マフラー デバイスキャンセルしてみた。
VFR1200F はマフラー排気穴が二つあり、上は普段は閉じられていて、ある速度~回転数になると開く。
たぶん、低回転時の音を下げる為と思われるが
DCTのDモードでは、2000回転強で、どんどんシフトアップしていくので
ちょっとしたかすかな登りでもトルク不足でエンジンが少し苦しそうになる。
1200のバイクなのに!?

ネットでは色々情報でているが、このデバイスキャンセルは、リアのカウルを外して
ワイヤーを外すだけと至って簡単至極。

排気音の低音が出て、五月蠅という人もいるようだが
はずしてみると、あれぇ、ブルターレより全然静か!(比較対象間違ってるが。。)
P1000519.jpg(うえの円形の蓋が空きっぱなし)
今度のツーリングが楽しみだ。低速トルク、ちったぁ、まともになるかな?

スポンサーサイト

「VFR1200F マフラー デバイスキャンセル 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「VFR1200F マフラー デバイスキャンセル 」へのトラックバック

http://htai.blog110.fc2.com/tb.php/633-c7fc3dd7

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索