ブリッジ・オブ・スパイ

最近、テレビの芸能ニュースで取り上げてもらうためか、映画とは関係ないゲストを呼ぶ試写会が増えてきた。
これも、ま、過去に人質解放で活躍したというから、あながち無関係ではないかもしれないけど、アントニオ猪木が最初登壇し約30分司会者に振られて答える、最後に、書を行うというイベント付だった。
ただでさえ長い映画で、終わったのは開演してから3時間後。ま、タダで観せて貰っているので文句を言える立場ではないが。。。

映画、よく出来ているとは思う。が、むしろ矜恃や最低限の倫理が敵にも通じた良き時代の話というのは、うがった見方だろうか?いまや、ジハード名の下に、なんでもありで、予測不可能な時代だもんな、ただただ世界は酷く混沌となっている。

でも、やっぱり、トム・ハンクスは鬼門だった。彼がなにをやっても役の人物には見えず、結果、臨場感を感じない、いつものことだが。
スポンサーサイト

「ブリッジ・オブ・スパイ 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ブリッジ・オブ・スパイ 」へのトラックバック

http://htai.blog110.fc2.com/tb.php/715-f9b12f58

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索