SENA SMH10と B+COMのペアリング 備忘録

SENA SMH10はv5.0にファームウェアのアップデートを行う。
並行輸入品なので、日本の代理店サイトからは不可、さすが韓流?

1 B+COM は電源を落としておく。(必須かどうかは不明)

2 SENA SMH10のジョグダイヤルを8秒長押し。
 「ユニバーサルインターコム~」とアナウンスが流れ、青色のランプが早く点滅。

3 B+COM 各種デバイスとの接続操作
  (電源OFFの状態から?)デバイスボタンをクリックしたまま、ボリュームボタンを上に5秒間回す。
  本体LEDは赤青交互に点滅。

4 SENAのフォーンボタンを押すとペアリング完了

SENAは、iPhoneとブルーツースで繋がっていても問題なし。電源落ちした後、再接続は、SENAのジョグダイアルのワンプッシュだけで即繋がる。
数台での接続はどうなるのかは、試せていない。
スポンサーサイト

「SENA SMH10と B+COMのペアリング 備忘録 」へのコメント

9000円の中華製でもそれなりには使えているのだけど
高いインターカムは本当にいいの?
SENA20Sも 「良い」という人と
「結構途切れる」っていう人が居て よくわからん!!

唯一の国内メーカーのB+COMは 対応が悪いってよく聞くし
高過ぎだし、、、

円高の時代に買ったので、SENA SMH10は1.4万ほど。4人までで使ってると、至極、快適。B+COMと今回初めて繋いだけど、問題なし。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「SENA SMH10と B+COMのペアリング 備忘録 」へのトラックバック

http://htai.blog110.fc2.com/tb.php/740-7da86c3d

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索