VFR1200F エンジンカバー ステップ交換

まずは、先日、倒してしまい傷がはいった右側エンジンカバー(どっちかというとDCTカバーじゃないのかな?、でもパーツ名だから)交換。

P1020192.jpg

ブルターレだとマグネシウム合金でいくらするやらわからないが、さすがホンダ、樹脂パーツで3500円ほど。
交換方法はサービスマニュアル見てもよくわからず、とりあえずアンダーカウルを外し、写真の右上黒のパーツを外すのにミドルカウルも外さないといけないのか(相当大変)と思案していろいろ触っていると、はめ込んであるだけで思ったより簡単にはずれ、交換成功!。

P1020193.jpg
P1020194.jpg
P1020195.jpg

次にステップ交換、こちらは、足首の稼働角が人並みにない自分(ヤンキー座りできまへん)だと、土踏まずをえぐったブーツではフットブレーキに常時つま先をのせていることができず、必然的にフロントブレーキが主になってしまう。調整できる範囲(そもそも調整域狭すぎ!)で一番下げてもダメ。。
VFRはリアブレーキペダルがコンバインドでフロントも自動的にかかるので、普通のブレーキ操作は足だけで完結させたほうが素直だ。フロントタイヤの減りもましになるかもしれないし。
ということで、位置が調整できる社外品(DAYTONA)を見つけて(しまった)ポチ。
写真ではいまいちわかりにくい(上が交換前)が、2cmほどアップしている。
それにしてもステップの軸を止めるのに、いまだ割りピンが使われているとは!
割りピンなんて学生時代以来だなぁ、懐かしい。

P1020196.jpg
P1020197.jpg
P1020198.jpg

スポンサーサイト

「VFR1200F エンジンカバー ステップ交換 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「VFR1200F エンジンカバー ステップ交換 」へのトラックバック

http://htai.blog110.fc2.com/tb.php/744-eb9679e3

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索