FC2ブログ

スイスアルプス絶景超絶ワインディング・ツーリング

ついに来た!
初・海外ツーリング。
数か月前、まっつんと行けることになり、海外友人情報をもとに、ジュネーブ郊外(実際はフランス)のレンタルバイク屋に連絡を取りマシン確保、ルートを決定後、宿も確保した。
6月15日夜、ジュネーブのホテルで落合、16日はジュネーブ散策で休養。
P6160256.jpg
P6160259.jpg

初日:出発の17日朝を迎えた。

朝、8:30に予定どおりバイク屋手配のバンが宿に迎えに来て移動、9時過ぎにバイク屋に到着。
いろいろ説明を受けつつ、出発前に気もそぞろの二人。
P6170284.jpgIMG20190617101711.jpg当初は一旦ジュネーブに戻りレマン湖の北側を走る予定だったが、渋滞を避け、南側のワインディングを走ることにした。

走り出すと、ま~~どこを走ってもいい道だ!
P6170293.jpgP6170294.jpgP6170301.jpgP6170303.jpg
途中、止まると、そこかしこから聞こえるカウベルの音が、なんともスイスだ。

で、ランチを取る前に、ちょっとハプニングというか失敗。
レストランの前、道の右側に止めていたが、レストランの駐車場に入るため、左折発進した際に左後方確認不足で、急制動~立ちごけ!あ~~~いきなり、やっちまっただい。
左足ふともも裏側の筋肉に痛みが残り、用心のため持参していた湿布で治療(この後も、痛みは多少続いた)。
インターラーケンまで180km。途中、写真撮影休憩も多く、着いたのは4時ごろだったろうか。
残念ながら足の痛みもあるので、夜は静養ということにした。

2日目:今回のハイライト・アルプス越え
ゴッタルド峠までの道も前日に開通し(なんとラッキーか、今年は豪雪でいつもより開通が遅れていた)、朝8時頃出発。
それにしても、インターラーケンの宿の4階の朝食会場は素晴らしい眺めだった!

ブリエンツ湖の北側を快走し


いよいよアルプス越えに。
だんだんと標高があがっていくとともに温度も下がる、車体の気温計で13度ぐらいかな。
笑ってしまうほど(+若干の恐怖感。。。)のワインディング(動画は下りですが、上りも凄かった!)
P6190355.jpg


南東へ下っていくと、どんどん気温があがり、とうとう35度に!
峠越えを想定した冬装束なので、死にそうに暑い。
午後で閉まっているカフェテリアの日陰ベンチで休憩をとったりしながら、なんとか凌ぐ。
マッジョーレ湖は、日本ではあまり知られていないと思うが、凄い高級リゾート地。湖に沿うように豪邸が続く。
イタリア国境を越えたところの、道沿いのイタリアンレストラン併設のホテルで、宿泊。
280kmほど走った。
とにかく、あまりのスケールのどでかさに、驚くより笑うしかない(笑って恐怖を和らげる?)凄い体験だった。


三日目:モントレーへ快適道

昨日の強烈な体験で、ふたりともお疲れモード。
今日も山越かと思っていたら、高速(無料部分)中心の中高速快適道!


P6190357.jpg

モントレーには午後早めに着いた。
ので、まっつんのリクエストで、フレディ・マーキュリーの像見学。
ボヘミアン・ラプソディ以降、有名観光ポイントになっているらしい。
P6190374.jpg

取っていた宿は、山岳中腹?にあり、そこまでの道は、ハンドルロックに近い状態で180度回るという恐怖のヘアピンカーブたっぷりだった。
しかし、ついたところは、眺めは最高!
夕陽を眺めながら、名物のフォンデュをいただいた。
走行距離230km。


P6200392.jpgP6200399.jpg

四日目:最終日:無事帰還!
これまで、天気予報がことごとくハズレ(というか前日には雨でも当日見ると晴れに変わっていたり。。)ていた。最終日、モントレーもジュネーブも雨(雷雨?)という予報だったが、出発の8時には朝方に降った雨はあがり、路面もほぼ乾いていた。
そこで直帰還ではなく、近場の有名ポイント、グリュイエール城観光に向かった。
P6200435.jpgP6200437.jpg

そこから、最後の軽い峠越えは、わずかに雨が降っていたが、レマン湖まで抜けると快晴!
湖畔の瀟洒なレストランでゆっくり昼食をとって、4時に無事帰還!
P6200443.jpgP6200445.jpgP6200446.jpgP6200448.jpg

こうやって振り返ってみても、写真では全然伝わらない。
実際に行って体験してみないとわからない、まさにプライスレスの大感動のツーリングになった!

いままで、日本を10万キロ以上走っているが、それらが完全にぶっ飛ぶ、850キロだった。

P6200441.jpg

今回大活躍してくれたのが、tomtomのナビ。
なんと、ルートを決めた後、スリリングや、もっとスリリングを選ぶと、推奨のワインディングルートを決めてくれる。欧州特有のランナバウトの指示も見事だし、日本でも売ってほしいなぁ。
欧州とはライダーの数が違い過ぎるのだろうか?
P6190348.jpg
スポンサーサイト



「スイスアルプス絶景超絶ワインディング・ツーリング 」へのコメント

w( ̄o ̄)w

何も言えない・・・
凄すぎる・・・

次回(あるのか?)は

ご一緒しましょう。
それにしても、スイス・ロス、激しい。。。

先週あたりから欧州はとてつもなく暑くなっているし・・
どこに行くにもアドベンチャーな時代になってしまった。

やはり・・

アルプス。違いますね~。
色が日本じゃないというか。。
いいなあ、行きたいな~。
無事の帰還、何よりです。
存分に楽しまれたようですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「スイスアルプス絶景超絶ワインディング・ツーリング 」へのトラックバック

http://htai.blog110.fc2.com/tb.php/868-306492da

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索