北海道 空飛ぶツーリング 二~三日

夜8時ごろ、苫小牧に着いて、ちかくの民宿で一泊
翌日は、雨雲が過ぎる8時まで待って、まずは、襟裳岬に。
数年前に来たときは、台風が接近していて、5度ほど傾けないとまっすぐ進めないほどの恐怖の強風だったが、今日は多少曇天で、穏やか。
P8050011.jpg
P8050012.jpg
さらに東進。
黄金道路はトンネルだらけだが、出たところあたりから晴天に。
途中で帯広のほうへ、北進する。
全然、食堂もなく、仕方なくラーメン屋にはいったが。。。。

帯広を通過し、ナイタイ牧場へ。
ここの道は、ほんとうに素晴らしい。中速ワインディングで両側が牧場で、景色も最高だ。
残念ながら、展望台あたりは曇っていたが、十分堪能できた。
P8050031.jpg
P8050026.jpg

再度、帯広に戻って、格安ビジネス?ホテルへ。ま、寝るだけだし、いいか。
夜7時ごろ夕食に出たら、半そででは寒いほどだった。

翌日は、富良野・美瑛の快適ロードと観光を堪能し、夕方、滝川にはいった。
P8060046.jpg
P8060048.jpg
P8060042.jpg
P8060036.jpg
P8060091.jpg
P8060070.jpg
P8060060.jpg
P8060058.jpg
P8060052.jpg



北海道 空飛ぶツーリング初日∼

木曜 夜8時前に出発、夜の首都高ー常磐道をバイクで走るのは初めて。
結局空いてるので多少飛ばしてしまい9時過ぎに到着。
まだ閑散としている。搭乗は11時。

深夜便だからか、バイクは12台だった。
食べ物は自販機だけで、なかなかショボい。
苫小牧でフェリーを降りたのは夜8時。ふう、東北縦断よりは楽だね。

少女ファニーと運命の旅

久しぶりの試写会は、、、、、フツーの映画だった。

那須高原ツーリング

九州は、大雨でとんでもないことになっているが、、、、、関東は、カラ梅雨か。
定例の第二土曜は快晴。

5時半に出発し、給油後、6時に首都高にのる。
東北道は渋滞はないが、車は多く、法定速度程度で流れている。
途中、一度休憩をとって、8時過ぎに那須ICを通過。
そこから、少し走ったところの、集合場所のコンビニに。
今回初参加、かつ、唯一の参加者、旅鴉さんは、到着済み。
4時過ぎに出発し、下道できたらしい(なんという猛者?)。

mastuさん親子は、パンクのため不参加なので二人旅。
ボルケーノラインは久しぶりだが、那須から上がるのは初めてかな、この道はとても良い快走道だった。
どんだけあるんだ”恋人の聖地”(貧弱な発想だなぁ。。。)で、トイレ休憩。
P7080002.jpg

一旦下山し、再度、駆け上がって、深山湖・ダムへ。
ダムへ向かう道は、さほど交通量ないが、業務用でもあるので、まずまず整備されていることが多い。
今回も、ほどよく良い道だった。
一度、超広角(18mm)で撮ってみたかったダム写真。なかなかの写りで、コンデジで十分ですねぇ。
P7080011.jpg
我々二人以外、だれでもいないダムの前の木立。今回、初参加の旅鴉さんと愛車Ninja Z14R 巨艦である。
P7080010.jpg
P7080017.jpg

再度下山し、道の駅で昼食後、最後のワインディングへ。
雪のシーズンは閉鎖されるので、前回走ったときに比べると路面には落ち葉もなく、まずまず。

あっという間に、予定ルートを走破し、矢板の道の駅で、解散休憩。
しばし談笑後、2時過ぎに東北道にのったが、気温計は37度。加えて湿気が凄く、30分毎に休憩を取らないと生命の危機を感じるほどだった。
この季節は、温泉でもはいって、もう少し涼しくなってから帰路についたほうが正解かもしれない。
4時に帰宅した。480km。
2017Nasu.jpg

今回の新兵器?お尻の痛み防止のクッション。中に10個ほどの空気室があり、まずまず快適になった。
P7080019.jpg

さあ、次は北海道だ!



OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

久しぶりに、防水カメラを買いかえた。
撮ってビックリ、なんとまぁ、カッチリした画質。
マクロもとれるし、コンバージョンレンズで18mm!
今までPana党だったけど、一気にオリ党になってしまうほどの出来のいいカメラ。
一眼も持って行ってたけど、ほとんど使わなかったよ。

P6240140.jpgP6240242.jpgP6240090.jpgP6240170.jpgP6230060.jpg

それにしても、旅行中、オプションツアーで一緒になった人は20人ほど?うち4人が、これを持ってた。
凄い占有率!?
« Previous Page Next Page »

プロフィール

鯛

Author:鯛
活動の場  
■バイク・ツーリングNSGG 
■試写会網

月別アーカイブ

ブログ内検索